人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
 東湯野村が、福島市になるまでの経緯を確認すると、以下のようだった。
 〇 明治22年4月1日伊達郡湯野村と東湯野村が合併し伊達郡湯野村
 〇 明治34年9月1日 伊達郡湯野村から伊達郡東湯野村分離
 〇 昭和30年3月31日、飯坂町・平野村・伊達郡湯野町・伊達郡茂庭村と共に合併し、飯坂町に
 〇 昭和39年1月1日福島市に編入

 上岡遺跡が、発掘される昭和27年は、伊達郡湯野村だが、調査報告は、東湯野村教育委員会に成っているようだ。
 新たな発掘は、昭和53年という事なので、これが福島市としての本格的な調査だったのだろうと想像する。

 上岡遺跡集落は、図説「福島市史」によると「摺上川北岸の河成段丘上」にあると表現される。上岡遺跡をぐるりと回り込んでみて行くと、その「摺上川北岸の河成段丘」という地形が実感できる。
 西根下堰が走る北側の丘が、その摺上川北岸の河成段丘ということのようだという広がりを感じることができる。
 地形的には、伊達街道は、その河成段丘に沿って走っているということのようだ。

 上岡遺跡データベースを確認していたら、その伊達街道沿いの湯野方向にかなり広い遺跡が示されるのが気になった。確認したら「仁井田条里制跡」とのことだった。
 直ぐに、ここは「ゆの村」に、「にいだっぱら」として紹介されたところだと気がついた。ここの散歩も整理していなかった。
a0087378_51223.jpg
 ここは、はじめは条里制跡そのものを探るというより、古くからその測量の基準となった「一つ石」を探しあてることの興味だった。この石、明治になって新しい土地の区画を決める時にも、その起点となったとのことだった。


a0087378_535212.jpg
 ただ、この田圃の風景はみていると、懐かしいという感じになった。その懐かしさが何故起きるのかが分からなくて、何度も確認に来ていた。
 「ゆの村」では、この「にいだっぱら」については、次のように紹介されていた。
 「これは、とても古い頃から水田として開けていたところです。ここの田畑の畦道は、今でも正しく南北に通っていて、他にはみられないようなきちんとした区切りが残っているのです。
 これは、古い時代に「条理」の区画をするためにして、このあたりに住む人々が作物を作ったあとである事を伝えています。」

 条里遺構の見分け方を確認してみると、次のような手順らしい。
 地図上に約109m相当の間隔で方格線を引き、地図に重ね合わせる。これが、道路や水路・畦道などがある程度重なっていれば、条里遺構である蓋然性が高い。
 ただ、それらの道路や水路が完全な直線の場合はむしろ近年の地割と考えられる。
 地名で、「七条」、「十里」、「一の坪」などは条里呼称法に由来することが多い。
by shingen1948 | 2011-07-06 05:06 | ◎ 埋蔵文化(古墳・それ以前) | Comments(0)

岩淵遺跡に立ち寄る

 国見町で、縄文遺跡である岩淵遺跡に立ち寄ったことを整理しておく。
a0087378_5115920.jpg
 この遺跡では、住居5基が発見され、そのうちのひとつを復元している。


a0087378_5133344.jpg
 案内板の複式炉、3本柱などの説明から、原瀬の縄文遺跡と似た竪穴式住居跡を想像する。


a0087378_5144079.jpg
 この近くが整地され、公園化されている。その中の案内板で、この遺跡と縄文時代についての説明がある。この遺跡では、復元住居を新たに建て替えたとのことで、その構造が詳しく写真と図で説明している。ただ、集落としての説明はない。また、縄文時代中期の竪穴式住居跡とあるが、土器についてはふれていない。


a0087378_518077.jpg
 復元された竪穴式住居跡の脇にある案内板に以下の説明がある。

 国見町指定史跡
 岩淵遺跡(古代住居跡)
 指定月日 昭和51年2月26日
 この遺跡は、今からおよそ4500年前、縄文時代中期の竪穴式住居跡です。昭和48年、発掘調査をしたところ、複式炉を持つ住居5基が発見されました。
 そのうち、この第1号住居跡は直径7.4m、ほぼ円形の竪穴の中に、3つの柱穴正三角形に配置され、直径60cmの石囲炉と長さ3.2mの石組複式炉とを持っていました。
 この複式炉は全国的にみても最大級のものであり、極めて貴重です。
 昭和49年5月、日本考古学協会会員目黒吉明氏の設計監理に基づき、土地所有者ほか地元の方々の協力を得て、当時の住居を復元し、保存しました。
 昭和59年3月31日
 国見町教育委員会
 付記
 一部修理 昭和58年12月
 ※ 屋根にのぼらないでください
 ※ 内部を見学したい方は、教育委員会においでください。
by shingen1948 | 2008-04-24 05:23 | ◎ 埋蔵文化(古墳・それ以前) | Comments(0)

縄文土器を作る時③

飯野広報12月号「和台遺跡」コラムでは、道具の違いによる文様の違いとして撚糸文土器
と押型文土器の文様の例を写真で示している。これは、いわゆる縄文早期という初期の段階での文様の例を示しているのだが説明はない。
a0087378_353475.jpg
 先の隆起線文土器のなかに、縄や紐をおしつけて文様をつける縄文が登場するころの文様のつけ方だ。縄や紐をおしつけて文様の分布は東北南部から中部地方までとのことだ。これが、撚糸文土器で、これよりやや遅れて近畿地方で押型文様の土器が登場し、盛行するようになるようだ。
撚糸文土器は、棒に縄や紐を巻いてそれを土器に押しつける方法で文様をつける。押型文土器は、文様を刻んだ棒を押しつける方法で文様をつける。そのことを道具の違いによる文様の違いとしたようだ。

 いわゆる縄文の文化の核は、関東と東北地方と考えられるようだ。それが、早期前葉末ごろになると、北海道南部から東北にかけて押型文土器も出土するようになるという。このことから、近畿と東北に、日本海ルートを通じて活発な交渉があったことを類推している考えが多い。その後、文様は多様に変化する。
 関東では撚糸文から移行し、関東以北では沈線文、関東以西では押型文という、装飾法の二大文化圏が成立するという。ただ、器形はいずれも尖底土器とのことだ。

 どうもこの早期の縄文土器が自分のイディアに合っているように思う。
 自分が持つ縄文土器のイディアは、先が尖った容器で、縄文が施されているという感じだ。大玉村史の中の写真では、大山草川根崎出土のものに近い。玉井山城遺跡出土のものは、やや背丈が低い。

 縄文時代の前期になると一転して平底に変化するようになるという。
by shingen1948 | 2008-04-10 04:07 | ◎ 埋蔵文化(古墳・それ以前) | Comments(0)

縄文土器を作る時②

 疲れ気味なので、家で休みながら、散策に必用な縄文土器の常識的な類のイメージを確かめた。飯野広報でいう、「縄文土器は年代と地方が同じ場合、同じような文様がつけられます。そのため、ひとつの遺跡から出土する土器は似たようなものが多く、それぞれの遺跡で独創性があるわけではありません。」ということの確かめだ。

 まずは、企画展「発掘ふくしま」で、最古の土器のイメージを確かめた。とりあえずの候補は、隆起線文土器になるということのようだ。
 日本の土器の文化は、縄文式土器に始まるのだが、最初から文様があったということではないようだ。当然、無紋から始まり、やがて土器に文様を施すようになると考えるのが順当だろうということだ。

 日本最古の土器は、長崎県泉服地福寺洞穴の豆粒文土器とも言われているが、異説も在るとのことだ。その遺跡は、長崎県のホームページに、紹介されていた。

 今のところ、その地区の最古の土器探しは、隆起線文土器を中心にしているようだ。それは、隆起線文土器は全体形が分かり、東北から南九州まで分布が確認できるからとのことだ。
 隆起線文土器はほとんどが深鉢形を呈して、変遷としては、太い隆起線で、口縁部直下に文様を施すものから隆起線が細く文様帯が幅広くなって、わずかな微隆起文が密に施される段階に変化するとのことだ。

 企画展「発掘ふくしま」では、福島県で一番古い土器も、この段階の土器としている。
 この中で紹介されているのは、白河市高山、福島市愛宕原・獅子内・南諏訪原、会津若松市笹山原遺跡だが、そのうち、白河市高山遺跡から出土した隆起線文土器片が、白河市のホームページ「白河の歴史」で確認できる。
 この時代は旧石器時代とおなじように遊動が基本であり、定住化に向けて少しづつ変化しているころのようだ。その定住化の原因のひとつが土器だと考えられている。

 散策人の縄文土器というイメージである縄や紐をおしつけて文様は、いわゆる縄文早期という時期にこの隆起線文土器に縄文をつけるということで登場してくるとのことだ。その分布は東北南部から中部地方までとのことだ。
by shingen1948 | 2008-04-07 04:28 | ◎ 埋蔵文化(古墳・それ以前) | Comments(0)

縄文土器を作る時①

 和台遺跡からは、マホロンの「ふくしまの文化財をみる」で紹介されているように、人の文様がついた土器など独創的な縄文土器が出土している。
 しかし、「飯野町広報12月号」では、縄文土器は、それぞれの遺跡で独創性があるわけではないと説明する。
 縄文土器は年代と地方が同じ場合、同じような文様がつけられます。そのため、ひとつの遺跡から出土する土器は似たようなものが多く、それぞれの遺跡で独創性があるわけではありません。

 この説明で、「長久保遺跡出土縄文土器文様が課題」で書いたような報告書の意味に合点が行く。そこで、登場するのが、福島県では大木式ということらしい。
 この大木式について「まほろん通信」(平成19年7月1日)「福島4000年前の美」の展示会にかかわって紹介された写真で少し分かりかけたような気がする。
a0087378_857176.jpg
 磐梯山ふもとの縄文時代中期の集落遺跡である法正尻遺跡の貯蔵穴跡から見つかった土器についての説明である。
 この土器は、当時の福島県内で使用される土器の形や文様(大木8a式)をしており、底部まで残っていませんが、口縁部分の大きな4つの突起が特徴的で、それらの突起を穏やかな渦巻状の文様でつなげています。やわらかな文様と器面の色調が、作り手の人柄まで想像できるようです。

 この時代の福島県あたりの縄文土器の文様や形状はおおよそはこんな感じという事になるのだろう。

 ただ、自分が持つ縄文土器のイディアは、先が尖った容器で、縄文が施されているという感じだ。どう説明されようとその概念を打ち消せない。

飯野広報12月号「和台遺跡」コラム
by shingen1948 | 2008-04-06 09:04 | ◎ 埋蔵文化(古墳・それ以前) | Comments(0)
 宮畑遺跡は、今から四千年前の縄文時代半ば過ぎからの縄文時代の集落遺跡だ。今まで訪れた縄文の遺跡は、ほとんどが台地であり、そこに立つと専門的なことは分からなくても、縄文の暮らしを何となくイメージできる雰囲気というものがあった。
  しかし、この遺跡は、現時点では現地に立っただけでは、縄文時代に意識を遊ばせる雰囲気はない。単なる工業団地の整地中の広場でしかない。
a0087378_331505.jpg

 この遺跡の縄文のイメージを膨らませるには、現地に行ったという実感と「宮畑縄文人からのメッセージ」と福島市のホームページのイメージを結びつけるという方法がとれる。

 更に、この縄文遺跡を一つの財産と考え、遺跡を史跡公園として整備することにしているようだ。隣接する工業団地という現代的な景観との調和を計りながら、この遺跡を後世に伝えるという役割を担った整備ということになるという。
 この公園の完成イメージは、福島工業団地立地協議会のホームページ「宮畑遺跡の史跡公園 じょうもぴあ宮畑」が詳しい。
 この公園は、平成22年のオープンするとのことだ。遺跡はそのまま盛土によって保護される。そして、その上に展示室をつくり、実物を展示したり、体験が出来たりするという構想のようだ。
 公園を歩くその足下には、縄文時代の村やそこで暮らしていた人たちの想いを感じ、そして、今「宮畑縄文人からのメッセージ」で提示された感じを現地で感じることによって、縄文の世界に導くというイメージのようだ。

 埋蔵文化財を訪ね歩くと、当たり前だがそこには何もない。そこに立ったという実感からイメージを膨らますしかない。それは、見える形として提示する事が難しい文化財だからだ。下調べをしたことと結びつけたり、いくつか訪ね歩いた時に提示されていた見える形を思い出して類推したりすることでしかより具体的なイメージとならない。インターネット等での具体イメージを手助けする試みの提案や公園化の試みは、時には有効かもしれないと思える。ただ、都市化された地域とか、近代化されてしまった景色の中ではという条件付で。
by shingen1948 | 2008-04-01 04:22 | ◎ 埋蔵文化(古墳・それ以前) | Comments(0)

宮畑遺跡に行ってみる

a0087378_457639.jpg

 福島市岡島にある宮畑遺跡に行ってみた。
 この遺跡は、今から四千年前の縄文時代半ば過ぎからの縄文時代の集落遺跡とのことだ。
 この頃、人々は山からおりて平地に大きな村を作り始めたという。環境が次第に涼しくなってきため、住居は掘り込み深くし、太い柱を使ってがっしりとつくっているとのことだ。
 この遺跡は、3期の集落の変化が考えられているようだ。今から4500~4000年前の中期、4000~3000年前の後期、それに3000~2500年前の晩期だ。晩期のムラは、同じムラが2000年間続いたのではなく4500~4000年前の中期のむらで生活していた人がムラを離れた後に、他の場所から来た人が宮畑の地に移ってきてまたムラをつくったと考えられているとのことだ。


a0087378_4551677.jpg
 現在のこの遺跡の様子は、工業団地の整地中の広場という雰囲気だ。遺跡と分かるのは、「じょうもぴあ宮畑」と書かれた柱が一本建っているということだけだ。
 ここで、縄文のイメージを膨らませようとても難しい。周りの様子もあるが、縄文遺跡の定番である台地ということのイメージでもない。


a0087378_456288.jpg
 この遺跡は、福島工業団地の第六期造成工事がきっかけとなって発見された。
平成15年8月に国の指定史跡になった。そこで、遺跡を史跡公園として整備することにしたようだ。
隣接する工業団地という現代的な景観との調和を計りながら、この遺跡を後世に伝えるという役割を担った整備ということになるという。


a0087378_4585728.jpg
 遺跡からは膨大な量の縄文土器片が見つかり、イノシシとニホンジカの骨なども大量に見つかっているとのことだ。それらに混じって鴨などの鳥類や蛙などの骨もあるが、特に注目されるのは、サメの背骨が見つかっていることのようだ。富山や新潟原産の翡翠の珠が出土したこととあわせて、阿武隈川を使った交易が推定されている。

 ここからは現在までに200基をこえる“埋甕”とよばれる地中に埋められた縄文土器が見つかっているという。これらは乳幼児や死産児のお墓であると考えられている。
この遺跡には、今も現地にたくさんの埋甕が残っているという。
by shingen1948 | 2008-03-31 05:04 | ◎ 埋蔵文化(古墳・それ以前) | Comments(0)
 先日は、和台遺跡跡にはたどり着いたのだが、あいにくもやがかかっていたことと、ゆとりある眺め方をしていなかったので、再々度和台遺跡跡に来てみた。
a0087378_3504972.jpg
 今回は、高台に登らずに、下からこの遺跡を眺めてみた。


a0087378_3493956.jpg
 こちら側から女神川を挟んだ白山遺跡を眺める。写真でははっきりしないが、竪穴住居と案内板がよくみえる。

白山遺跡に行ったとき、この復原した竪穴住居が新しくなっていたことについて書いたが、飯野町の広報2月号のコラムでは、この作業について概略説明があった。
14年ぶりに「さしがや」の方法で葺き替えがなされたという。コラムでは、その白山遺跡の屋根の葺き替え作業から、和台遺跡の竪穴住居数230軒分の作業量と材料について想像していた。
 たった1軒のしかも「さしがや」の方法なのに、かかったカヤの量は、軽トラック8台分だったという。実際の作業も、カヤ職人1名、作業員3名で、現代の工法で述べ7日間かかったとのことだ。
 そのことから、この和台遺跡分の家を整備するためには大量の材料と大変な作業量であることが想像できる。
a0087378_4232086.jpg
 何十年も昔の話だが、何者かが白山遺跡の住居に侵入し、たき火をしたことで火災になったという話を人づてに聞いたことがある。それで、今も網が張られて人が入れないようになっていたのだろう。
 しかし、よく考えてみると、縄文人もたき火をしたはずで、縄文人は大丈夫で、現在の復元住居は火災になるというのはどこか変だとも思う。その意味で、この事件は、犯罪は犯罪としても、この家屋の実験的実証という側面もなかったのだろうかとも思う。
 火を焚けば火災になるということは、家屋の高さの推定違いとか、風の動きの読み違えとかということはなかったかという検証の機会だったのではと考えるのは不謹慎ではある。

飯野広報2月号「和台遺跡」コラム
by shingen1948 | 2008-03-28 04:24 | ◎ 埋蔵文化(古墳・それ以前) | Comments(0)

和台遺跡②

 飯野町のホームページでは「観光ガイド」として、縄文遺跡である和台遺跡と白山遺跡を紹介している。   
 この中で、出土した多数の出土した土器や石器、土偶の中から人体文土器の写真を紹介している。これは「福島の文化財」・ 「福島県ホームページ」など、あちこちで紹介されているのを見かけるが、狩猟文土器片の紹介は探せないでいる。
 また、出土品に鮭やエイの背骨があることから、川とのかかわりを推定しているが、そこには水運ということも考えているようだということが分かる。
a0087378_4515120.jpg
飯野町の広報では、毎月和台遺跡の出土品をネタに、縄文時代の生活をコラム風に綴っているようだ。
 その中で、1月号では川で捕る漁労活動を想像している。このことと関連する出土は、「骨製やす」と「網につけるおもり(土製円盤)」、「骨製の釣り針」とのことだ。従って、やすやもりを使う突き漁、網を使う網漁が行われていたということであり、釣り竿は出土していないが、釣りの漁労活動も行われていたということである。先日の案内板の説明も含めて考えると、阿武隈川を遡上するサケ・マスなどの漁労も行われていたということだ。

集落には、小規模な集落とその地域における拠点になった大規模な集落とがあるが、和台遺跡は拠点となった遺跡だ。住居数が県内最多だけでなく、東北最大級の縄文時代の遺跡である。その観点から、ここでも水運について触れている。
 出土はしていないが、縄文人の往来には、丸木舟があったことを想定し、阿武隈川を使った物資大量輸送も一つの大きな要因であったろうと想像しているようだった。
a0087378_4535488.jpg
 この阿武隈川は、飯野町あたりでこの堰堤によって水量を調整されている。このダムでせきとめられた少し上流が東和のカヌー漕艇場になっている。

飯野広報1月号「和台遺跡」コラム
by shingen1948 | 2008-03-27 05:15 | ◎ 埋蔵文化(古墳・それ以前) | Comments(0)

和台遺跡

 近年複式炉をもつ住居跡が170軒以上も検出された和台遺跡は、女神川をはさんだ「 白山遺跡」の対岸の台地上ということだった。
 FCTニュース(2006年6月1日 )によるとこの遺跡は、国の史跡として指定されたということだ。県内で国の指定を受ける史跡は、41件目ということだ。それなりに説明板が在るはずだと思ったが、なかなか見あたらなかった。白山遺跡の方向と、その対岸ということから、そちらを眺めてみる。こちらの方向のどこかという見当をつけた。この日は、そのまま帰路についた。
a0087378_3411975.jpg

 考えてみたら、縄文遺跡は高台のはずで、少なくとも高台側から探した方が分かりやすいはずと考えて高台に登ってみることにした。

a0087378_3511334.jpg
 あちこち、道路拡張工事の最中であったが、広い道路から南西の高台に入る道路に入れた。そこを登る途中、案内板を見つける。その案内板の奥に、朝もやの中、和台遺跡の台地が広がっていた。
 
和台遺跡 C 文化財部門⑯
所在地 飯野町大字明治字北和台・南和台地内他
所有者 福島県 他 地権者多数

 和台遺跡は、飯野町大字明治に所在し、南側には阿武隈川、東側には女神側が流れている。約6万平方㍍の大遺跡であり、人体文土器や狩猟文土器などの縄文土器や石器土偶
など多数出土しています。
 この遺跡に道路が計画された平成8年から、約一万五千平方㍍の発掘調査を行いました。人体文土器とは、粘土の貼り付けによって、人の全身(頭・体・手足)が描かれた土器でこれほどきちんとした人の姿がつけられている土器は、全国的にも非常に珍しい者です。 狩猟文土器とは、縄文人の狩りの様子を描いた土器です。従来の説では、北日本(北海道・青森県・岩手県)に独特の特殊な土器と考えられていました。和台遺跡の土器は、福島県では初の出土であり、国内で最南端の出土例となります。更に、時期的にも北日本のものより数百年古く、今のところ最古の狩猟文土器ということになります。
 和台遺跡の最大の特徴は、縄文中期後半の複式炉をもつ住居跡群であり、現在約230軒が発見されています。さらに実調査区にも住居跡は存在することが知られており、す。住居数は、県内最多になるだけでなく、東北最大級の縄文時代の遺跡です。
 国内で発掘されている複式炉を伴う集落には、数件程度の小規模な集落と、その地域に、その地域における拠点になった大規模な集落とがあり、和台遺跡は拠点となった遺跡です。大規模集落形式には、食料の確保が第1の条件ですが、山菜・堅果類狩猟対象物の豊かさと共に、阿武隈川を遡上するサケ・マスなどの漁労も盛んに行われた者と推定されます。もちろん複式炉も大きな役割を果たしたものと思われます。

平成16年12月
飯野町教育委員会
a0087378_353307.jpg
高台を降りて、和台遺跡を見上げる。


 今日は朝もやで、対岸の白山遺跡は見えない。
by shingen1948 | 2008-03-26 04:09 | ◎ 埋蔵文化(古墳・それ以前) | Comments(0)