人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

タグ:死生観 ( 3 ) タグの人気記事

 8月のこだわりを漠と感じていたのだが、明確ではなかった。なるほどと思う意見を見つけた。
  「毎日新聞」(2007.8.12)「発信箱」で、広岩近広専門編集員が、「死者たちの8月」と題した記事に感じるものがあった。
  その中で、俳人長谷川櫂氏の言葉を紹介している。
 八月は死者の月。私たち生きている者にとっては死者を弔う月だ
はるか昔から、先祖の魂を家に迎えて数日を過ごす死者と過ごす月だったが、そこに戦後から原爆の日と終戦の日が加わった。

 長谷川氏は、ここに9月1日の関東大震災の日を加えて全くの偶然だが意味のある偶然だと雑誌「俳人」で述べているという。そこに、日航機事故等も加えれば、確かに、死者を弔う月だということに合点がいく。
  記者がいうように、原爆や空爆の犠牲者は、何の罪もない人々が戦争の結果として尊い命を奪われているということである。

 更にぴたりと決まった感じだったのが、石垣りん弔辞の言葉の引用文だ。孫引きは最悪というのを知りながら、借用する。
死者の記憶が遠ざかるとき、同じ速度で、死は私たちに近づいてくる。
戦争の記憶が遠ざかるとき、戦争がまた 私たちに近づく。
そうでなければ良い。
8月15日。眠っているのは私たち。苦しみにさめているのは あなたたち。行かないで下さい 皆さん、どうかここにいて下さい。

by shingen1948 | 2007-08-21 20:02 | ☆ 死生観 | Comments(0)
死生観を語るのは、宗教関係者との固定観念があった。偶然、2007年 3月 4日(日)午前5:00からのNHKテレビ「心の時代~宗教・人生」番組の「森の記憶とともに」という放送を観た。
語っているのは、吉田敏浩氏というジャーナリストであった。聞き手の大高崇氏に、北ビルマ山岳地帯で自ら生死をさまよい、少数民族カチンの人々の自然な精霊信仰に魅せられたことを語っていた。私にはとても新鮮に感じられた。

  内容的には、ミャンマーでの解放軍と生活を共にした経験の中から、少年の死の経験をもとに、自然な精霊信仰の在り方について、また、政府軍の死体との対面から、死者との対峙のありかたについて語っていた。他者の悩み痛みに寄り添うことや、生と死を自らの胸に抱いて多様な生き死にを見つめること等の有り様を模索しているとのことだった。

 著者検索で、氏が、フリー・ジャーナリストで、85年3月から88年10月まで、ミャンマー北部のカチン州とシャン州を長期取材し、その記録をまとめた『森の回廊』で、大宅壮一ノンフィクション賞を受賞された方だと知った。お恥ずかしいことだが、それまで氏を知らなかった。著作を確認したら、主著の中に「民間人も戦地へ」、「反空爆の思想」等反戦の著書があった。この本なら本屋で見たことがあると思ったが手に取らなかった。それは、私には、反戦運動のイメージは、正義感をもとにした政治活動としての印象が強かった。それで、手に取る事は無かったのだ。

 ところが、氏は、自ら生死をさまよい、少数民族カチンの人々の自然な精霊信仰を体験を通して理解し、他者の悩み痛みに寄り添うこと、生と死を自らの胸に抱いてた上で、反戦の思想を著しているのだ。

 手に取らなかったのは、自分の反戦イメージの貧弱さと、死生について求めるものが浅かったから、見ていても見えていなかったせいであることを認識した。
 まずは、氏が魅せられた少数民族カチンの人々の自然な精霊信仰について学んでみたい。
by shingen1948 | 2007-03-05 20:02 | ☆ 死生観 | Comments(0)
<訃報>池田晶子さん46歳=文筆家 [ 03月02日 19時00分 ] Excite エキサイト : 社会ニュース
 「千の風になって」以来、死との付き合い方が気になっていたところだったが、毎日新聞を開いて、写真入の訃報が目にとまった。池田晶子さんの死去を報じたものだった。2月23日に腎臓ガンで亡くなったとのことである。46歳の若さだったようだ。
 主な著書として、「14歳からの哲学」を掲げてあるが、私が、この著者のものを読んだのは、「41歳からの哲学」という本である。これは、「週刊新潮」2003.5.1から2004.6.3号までの「死に方上手」のタイトルで連載したものを集めたものだ。その後も、「人間自身」として続けられているということであった。訃報によると、「サンデー毎日」で「暮らしの哲学」を亡くなる直前まで活動していたとのことである。

 「41歳からの哲学」を手に入れたのは、哲学という本のタイトルが気になって、つい立ち読みしてそのまま購入してしまったものだ。面倒くさい哲学という言葉を臆面もなく前面に押し出したことが、私が手にすることになった理由ということだ。
 訃報に接し、改めて本棚から引っ張り出して、第五章「信じなくても救われる」を読み返した。
あの世とこの世については、分からないことが分かっていないというテーマでまとめてある。死んだらどうなるというテーマでは、墓・葬式・霊の弔いという観点で、考察している。宗教との接し方については、神道・宗教について考えている。
 改めて心に留めて自分の考えを熟成したい。
 ご冥福を祈ります。

 <訃報>池田晶子さん46歳=文筆家 の記事内容
 親しみやすい哲学エッセーで知られる文筆家の池田晶子(いけだ・あきこ、本名・伊藤晶子=いとう・あきこ)さんが2月23日に腎臓がんのため亡くなっていたことが2日分かった。46歳だった。葬儀は近親者のみで済ませた。自宅は非公表。喪主は夫實(みのる)さん。

 東京都生まれ。慶応大学文学部哲学科卒。難解な専門用語を使わず、日常の言葉で執筆した著作は幅広い層の人々に支持されている。主な著書に「14歳からの哲学」「14歳の君へ」「帰ってきたソクラテス」「知ることより考えること」などがある。「サンデー毎日」で「暮らしの哲学」を連載し、亡くなる直前まで活動は続いた。

by shingen1948 | 2007-03-03 19:57 | ☆ 死生観 | Comments(2)