人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
 旧信夫33観音は、江戸期の開創で、信夫郡の西国三十三所とされるが、すべて福島市内に設定される。その中の20番川寒観音堂(北沢又川寒)は、この金福寺がかかわっていたのではないかなと想像される。 ただ、昭和4年(1929)後藤要七氏によって再興されたという新信夫33観音では、この川寒観音堂は外れている。

 この信夫33観音を少し意識したのは、米沢街道を散策している時だった。特に、新信夫33観音では、森合から笹木野にかけて、正眼寺―円光寺、そして笹木野の仏母寺まで連続的に札所になっていたことだった。
a0087378_16583044.jpg
 旧信夫33観音では、8番西養山観音堂(森合一盃森)が正眼寺とされ、15番佛母寺(笹木野寺畑)とされていた。それが、新信夫33観音では29番正眼寺(森合一盃森)―30番円光寺(野田町寺ノ内)―31番仏母寺(笹木野寺畑)というふうに設定されているようだったのだ。

 散歩の中で、円光寺(野田町寺ノ内)と仏母寺(笹木野寺畑)の観音堂については、このことにふれて整理していたが、旧信夫33観音では8番西養山観音堂とされ、新信夫33観音では29番正眼寺とされる観音堂についてはふれていなかった。
 実は、その観音堂らしきものが見つかっていなかったのだ。それが、最近になって分かったのが、その観音堂は公開されていないらしいということだ。
 信夫33観音とかかわる寺の整理でも、必ずしもそのことにふれていないことも結構多いという気まぐれな整理なのだが、見つからないのと整理していないというのは別ものだ。それが分かったことで、結構すっきりとしたということ。
by shingen1948 | 2015-05-21 16:59 | ◎ 地域散策と心の故郷 | Comments(0)
 散歩資料は、小さな行政区の単位でまとまっていることが多い。
 その小さな単位の行政区の中心地にかかわる資料は、大概見つかる。その行政区の周辺部でも詳しい紹介が見つかる場合もあるが、それはその地域に詳しい方の感じ方によるのであって、その紹介はさじ加減に左右されることが多いように思う。
 散歩を楽しむ者には、境界線附近の現地に線は引かれていないが、史料上はみえない線を感じることが多いという状況だ。

 最近、その境界線附近を確認していて面白いと感じたことがある。それが、境界線を挟んだ反対側の行政区に詳しい資料がみつかることがあるということ。その資料と目当てとする行政区の資料とを併せて見ると、今まで見えていなかった事に気づく事があるということだ。
 そんな気分で散歩していたら、円光寺の案内板を目にしたということで、「のりしろ散歩」と名づけて、境界線を挟んだ資料に目を通しながら散歩を楽しんでみようとしている。
a0087378_13121591.jpg
 その円光寺だが、案内板の開基についての説明では、項目的に記載される。それが「森合郷土史」では具体的に確認できる。
  それによると、開基者の高橋茂右衛門氏は、この地域の名主であることが分かる。この方が早世なされたので、その家族が慈恩寺から祖珍氏を迎えてこの寺を建てられたということのようなのだ。森合の正眼寺開山益伝氏とは兄弟弟子という伝にもふれる。
 「『慈恩寺』から」ということには、地域の人々の米沢とのかかわり意識をイメージしたり、その慈恩寺のこの時代の事情を想像したりしてしまうところもあるかなとも思うが、今回は詳しくはふれない。
 「宝笠山 円光寺沿革」案内板の説明
 宗派 臨済宗 妙心寺派
 開創 寛永元年(1624)
 本尊 釈迦牟尼仏
 開山 昌翁祖珍和尚
 開基 高橋茂右衛門
 山内には、新西国30番札所、聖観世音菩薩を祀る観音堂があり、中に目地蔵様、不道明王、弘法大師、養蚕堂神等が祀られており、天井には福島藩御用絵師佐原玉山弐信筆の龍が画かれている。
 境内には、旧柴田藩(現新潟県新発田市)八島田陣屋代官婦人等の墓、開基高橋家の代々の墓、歴代和尚の墓
 筆弟中による高橋茂光の碑(明治12年建立)、二十三夜塔(文化15年)、青面金剛碑、萬霊供養塔、馬頭尊、百万編地蔵尊、出羽三山、巳待供養塔が祀られている。
 参道入り口には、三界萬霊供養塔、地蔵尊等数体が祀られている。。
 本堂西側の北端に案内にある「開基高橋家の代々の墓」があり、次に「歴代和尚の墓」があるのは直ぐに分かる。「筆弟中による高橋茂光の碑(明治12年建立)、二十三夜塔(文化15年)、青面金剛碑、萬霊供養塔、馬頭尊、百万編地蔵尊、出羽三山、巳待供養塔」は、観音堂の右手に確認できる。
 ただ、肝心の旧柴田藩(現新潟県新発田市)八島田陣屋代官婦人等の墓は今のところ分かっていない。
 かかわるかどうかは分からないが、「野田村郷土史」の「八島田村」の項に「歴代々官の氏名は詳らかでないが、文政7年には高山吉右衛門、天保11年には中村武八郎等が古文書に残っている」とある。
 また、案内板にある開創寛永元年(1624)は、この事態が起きた年を直接的に指すものか、円光禅寺が新発田藩の菩提寺とされたことから、溝口氏新発田藩の陣屋が八島田の本庄町に置かれた年をもって開創年としたのかも分かっていない。
by shingen1948 | 2014-03-02 13:17 | ◎ 地域散策と心の故郷 | Comments(8)
 森合村と野田村の村境で、気になる案内板を見つけた。「宝笠山 円光寺沿革」の案内板だ。
a0087378_620843.jpg
 説明の中に「旧柴田藩(現新潟県新発田市)八島田陣屋代官婦人等の墓」が境内に祀られていると読み取れる。


 「森合郷土史」の「宝笠山 円光寺」の項から、かかわりある解説を確認すると、以下のような説明がある。
 寛政元年(1789)溝口氏新発田藩の陣屋が八島田の本庄町におかれ、円光禅寺は新発田藩の菩提寺とされました。陣屋に詰めた代官の家族の墓なども境内に残されています。その後、戊辰戦争で敗れた新発田藩の影響を受けてか、一時期荒廃していたようですが、明治に入り加藤家など檀家の尽力で復興されました。
 昭和4年(1929)の「福島都市計画区域図」によれば、ここは野田村であり、八島田陣屋かかわりということなら「野田村郷土史」に詳しい解説がないかなとの思いで確認してみたが、こちらには紹介されていなかった。
a0087378_627593.jpg
 ※ 「福島都市計画区域図 昭和4年」
 昭和4年(1929)7月18日、福島都市計画区域について内閣の認可が下りた際の文書に付属していた福島都市計画区域図。
 原図サイズ:45cm×53cm

 都市計画法(大正8年法律第36号)は、「都市の秩序ある発展を期する為其の交通、衛生、保安、経済等に関する重要施設の計画を執行するに適当なる法規を制定するの必要あり」として制定された。法の適用都市は、大正9年(1920年)の法施行とともに法の適用を受けた6大都市、大正12年勅令第276号による25都市、と順次拡大していく。同法第3条では、都市計画の決定は、同法適用都市のある道府県ごとに設けられる都市計画地方委員会の議を経て内務大臣が決定し内閣の認可を受けることが定められていた。
by shingen1948 | 2014-02-28 06:30 | ◎ 地域散策と心の故郷 | Comments(2)
a0087378_6231165.jpg
 長次郎狐の住みかである一盃森の山頂には、愛宕神社が建つ。山の東側の登り口に建つ案内板では、次のように説明される。
 愛宕神社
 一盃森の頂上に建つ旧森合村の村社で、火伏霊神である火具土神が祭られています。森合の丹波谷地に舘を構えた甚野丹波守重母によって文治年間(1185-89)に創建されたと伝わっています。
 慶長5年(1600)、関ヶ原の合戦の直後に伊達政宗が上杉氏領だった伊達信夫郡を攻めた「松川の合戦」では、伊達方の茂庭綱元の軍勢が一盃森に陣を張った事が、伊達家の記録に記されています。

a0087378_6255282.jpg
 ここに三角点があって、その標高は113.7m。

 案内はされていないが、小学校と一盃森の間の道筋と稚児塚を直線で結ぶ道筋が、東山道だとするのを見かけることもある。旧道諸説の中の一つでしかないし、開発が進んで道筋らしきものを確認することはできないのだが、この道筋を地図上に直線として引くと、確かに飯坂古道の道筋とされる道筋と重なる。
 この道筋は、最初に「飯坂道の今昔」をもとに歩いたということがあって、自分としては飯坂古道なのだが、この道筋も、信夫山を西に回り込む東山道だとし、平野まで重なっているという見え方もあるようだ。この見え方だと、坊狐と出会った川寒の道筋も東山道の道筋に見えるのだと思う。古くからある道筋ということは確かなことではあるらしい。a0087378_6484489.jpg
 現況では、寺の墓地の中央からの参道に見える登り道もあるが、地図で確認すると、この墓地を少し登って西に進む道筋が旧道で、その旧道から登る道筋になっていたということらしい。この旧道は、小学校と一盃森の間の道筋につながっていたらしい。
by shingen1948 | 2013-03-12 06:51 | ◎ 地域散策と心の故郷 | Comments(0)
 長次郎狐の話は、狐が村人を困らせるのを救おうとした若者が、罰を受けたままで終わる。ここで終わっていいのだろうかと思ってしまうのが、多分、勇敢な若者でさえ、長次郎にはかなわずに頭の髪をとられてしまったということで完結しているのだと思う。
 地域に伝わる話の採録を試みた事があったが、辻褄が合わないなと感じたり、ここで終わっていいのだろうかと感じたりする事が多かった。多分、辻褄が合わないところは、記録する時に微調整されているのだろうが、結末はそのまま受け継ごうという意思が働くと思う。改変は最小に留めようという意思が働くのだと思うのだ。
a0087378_1823181.jpg
 その長次郎狐の霊力がこの岩場に封じ込めたのが、一杯森長次郎稲荷なのだと思う。
 加茂左衛門狐も、その霊力を石ヶ森の岩に封じ込められているが、こちらは封じ込めたのが、岡村の極楽院修行者の祈りであるとされる。
 加茂左衛門狐よりも、岡の極楽院修行者の祈りが勝るとも受け取れる。それに対して、誰が長次郎狐の霊力を閉じ込めたかは示されない。ともかく、ここは長次郎狐の霊力が閉じ込められた岩場ということが大切なのだと思う。

 【福島の民話(片平幸三)】第一集では、結末の落ち着きの悪さを「ごんぎつね」の童話風におさめる。
 長次郎はどんなもんだいと鼻をうごめかしていた時、お金持ちの家から葬式が出ました。長い長い行列でした。やがて、信夫山のお墓につきました。長次郎が伸びあがってみますと、お墓には白い木が2本立っていました。お金持ちは、娘と孫の御墓の前で泣いていました。月のいい晩でした。長次郎は細い道を通ってお墓の前にいきました。チンチロリン、チンチロリンとまつむしがないています。
「かわいそうなことをしたるつみもない人をこんなにしてしまって、……」
 長次郎は、はらはらと涙を流しました。
 いまはもういない、加茂左衛門やお山のごんぼうのことを思いだしました。
なんだか、みょうに淋しいのです。長次郎は、そのへんに咲いている彼岸花をとってお墓の前にたてました。
 月はこうこうと光っておりました。

by shingen1948 | 2013-03-10 18:27 | ◎ 地域散策と心の故郷 | Comments(0)
 川寒から飯坂古道の馬道をたどれば、長次郎狐の暮らす一杯森にたどり着く。最近になって、長次郎狐も紹介される案内板が建った。
a0087378_714752.jpg
 一杯森長次郎稲荷 信夫山の権坊狐・石ヶ森の鴨左衛門狐とともに「信夫の三狐」と呼ばれた一杯森の長次郎狐がすみかだったほら穴に祭られています。
 長次郎は大変ないたずら狐で、村人を困らせたと民話に伝わっています。いつのころか商売繁盛の神として信仰されるようになりました。
 民話に伝わる長次郎狐のいたずらぶりと化けっぷりを、【福島の民話(片平幸三)】第一集で確認する。まずは、以下のようないたずらぶり。
 ① 森合村付近の若者たちは、一杯森の長次郎に化かされて、髪の毛を食べられて、みんな坊主頭にされていました。
 そのぐらいいたずらぶりがすごいのだが、彼の悪力に叶わないので対抗できなかったのだ。ところが、勇気のある若者が現れて、我こそはあの憎いきつねをいためつけてやろうと夜遅く一杯森にやってくる。藪の中に隠れていると、間もなく長い尻尾を引いてやってくる。次は、その化けっぷり。
 
② 長次郎は馬の踏(クツ)をひろって二・三度つばきをかけて手でたたくと、ふしぎなことに花嫁になりました。また同じ事をくり返すと、今度は美しい子守娘がでてきました。またくり返すと、子供が生まれました。これで、(初)子を背負って子守娘をつれてきた里帰りの花嫁ができました。
 若者は、そのあとをついて行くと、金持ちがだまされるのを見る。
 ③ 花嫁は森合下の坂のお金持ちの門の中に入って行きました。お金持ちは娘と(初)孫を迎えて大喜びでした。その時、急に若者が現れて、
 「その娘も子供もきつねだよ。この俺がこの目で確かに見たのだから間違いねえよ」お金持ちも初めは本気にしませんでしたが、若者があまり熱心に言いますので、それでは正体を見届けようと、生木をいぶして、娘と子供を部屋の中に閉じ込めました。しばらくしてから、もう正体を現しただろうと部屋の中に入ってみると、これはしたり、娘も子供も死んでいました。
 お金持ちは狂ったように怒って、娘と孫を生かして帰せと迫るが、若者は為すすべがなく謝るが、どうしてもこの殺人の罪は免れ得ぬところで、坊さんが通りかかって金持ちをなだめる。実は、この若者がだまされていたという以下の落ちにつながる。
 ④ (坊さまが若者に)罪を許して貰うために髪の毛を剃って坊主になるように言い渡しました。勇気のある若者もやはり坊主にされてしまいました。
 勇敢な若者でさえ、長次郎にはかなわずに頭の髪をとられてしまったということだ。
by shingen1948 | 2013-03-09 07:12 | ◎ 地域散策と心の故郷 | Comments(0)

飯坂への道~旧道諸説②

 佐藤静雄氏の「飯坂道の今昔」による飯坂古道の道筋と、江代正一氏「古代道」がいう東山道(後期駅路)とが、少なくとも森合の一杯森から重なるとした。
 しかし、確認してみると、一杯森付近は大きくずれている。
 大きな違いとして、江代正一氏「古代道」がいう東山道(後期駅路)は、一杯森の西側を通るように描かれるが、飯坂古道馬道は、一杯森の東側に描かれることだが、これは先に分かっていたこと。もう一つ違がっていたことがあったのだ。
a0087378_4402053.jpg
 実際に歩いて確認している時点では、江代正一氏「古代道」がいう東山道(後期駅路)は最終的に佐藤静雄氏の「飯坂道の今昔」がいう飯坂古道の馬道と重なるというイメージで確認していた。ところが、それを整理するのに地図に落としてみたところ、重なるのは徒歩道の方のようなのだ。
 「ふたつやま公園」に掲げられる「森合史跡地図」の図をお借りして、東山道(後期駅路)を想像するらしい道筋として、黄色線を加えると、こんな感じだ。

 徒歩道が字曲松と字道下の字境に沿って右折して北進し、下谷地字境で西進すると、泉・前原線(市道)に合流するのだが、この道筋が、松川までほぼ直線に近い道筋で北進する。これが、東山道(後期駅路)とされる道筋を引いた線を延長させた線と重なるようなのだ。
 松川からは、飯坂古道は馬道と徒歩道は合流して北進する。その道筋は、やや西に傾くもののほぼ北に向かって直進する。
 二つの道筋の重なりは、「佐藤静雄氏の「飯坂道の今昔」がいう飯坂古道徒歩道が泉・前原線(市道)に合流した地点から平野字矢車の地点まで」とし、そして、飯坂古道はそのまま北進するとすれば、より正確な言い方になるのかな。
a0087378_4424796.jpg

 江代正一氏「古代道」がいう東山道(後期駅路)のこの一杯森までの道筋の想像だが、先にも記したように、江代正一氏の「古代道」が描く東山道(後期駅路)の道筋は、字名の資料等に描かれる。それで、現地を歩いてみた勘で修正を繰り返し、小字名を確認して地図に落としてみたものだ。
 その想像のポイントは、方向的には字児子塚のやや西側を結ぶ直線を意識しているということ。解説では、ここから坿屋敷(直線道路)―丑子内―街道下―一杯森という表現をしている。実際に歩く時には、一杯森の高まりが目印だ。
 なお、江代正一氏の「古代道」では、この字児子塚から郷野目村字向原まで、東山道(前期駅路)が北東に直進し、腰浜方面に向かうように描かれる。解説では、ここから坿屋敷(大森川、旧荒川の河岸段丘)斜向道路―下宿―渡利―腰の浜という表現をしている。
 旧道諸説を歩いた時点では、この字児子塚と、実際の児子塚を勘違いしていた事も、今回気づいた事の一つ。
by shingen1948 | 2012-09-27 05:20 | ◎ 飯坂街道・古道 | Comments(0)