人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

タグ:吾妻の里 ( 3 ) タグの人気記事

不気味な月を見た

野仏の見方―歴史がわかる、腑に落ちる|Excite エキサイト ブックス (文学・本・読書)
野仏に興味を持ったのは、古道を探して歩きはじめてからである。おおよそ、講と関連したて石仏についてやや分かりかけてきたところで、この本とであった。
 この中で、特に感心したのは、その講の奥深い意味を感じることができたことである。なんとなく行われたであろう講の意味を知ることで、講に参加していた人の恐れなどの心が、漠然としてあるらしいことを知ったことであった。

 例えば、庚申講と道教の関係である。
 中国の道教では、人体に3匹の虫が宿り庚申の夜に寝入った人体を抜け出し天帝に宿主の罪業を報告する。天帝は北極星の神格化されたものといわれ、三尸(さんし)の報告に基づいて、宿主の寿命を差し引く。だから、宿主は奏されないように、寝ないで集まるというのが原型とか。
 日本風に変化しても、昔の人の心の中に、漠然とこういった恐れの気持ちがあっただろうことの想像である。

 庚申講は60日に一回だが、月待ち講は、28日に一回で頻繁である。種類は、13夜から26夜講まであるようだ。それぞれ定められた特定の月齢の晩に、当番の家を宿として集まり、月の出を待つ。
 当日は月が出るまで勤行(ごんぎょう)や飲食会話に興じながら待ち、月が昇ると各自心願をかけて解散となる。内容的には、明るいようだ。でも、この信仰のルーツは、日ごとに月が欠けるのを恐れた原始信仰にあるといわれるとのこと。
a0087378_19153793.jpg
 そんなことを考えていて、車を走らせていた。夕方6時半頃、土湯温泉から福島方面に山を下ったとき、赤い大きな月が突然見えた。不気味だった。家に戻って月齢を調べたら、月齢17.9である。昔なら18夜の月待ち講といったところだろうか。

まだ調べていないが、昨夜は庚申ではなかったろうなと不安になった。
by shingen1948 | 2006-11-09 19:13 | ◎ 地域散策と心の故郷 | Comments(0)
a0087378_2191685.jpg人が歩くと自然と「みち」ができる。ここは通ってほしくないので、柵を作るが、いつかまたもとの「みち」になる。





a0087378_2193963.jpg
  本当はこの道を通ってほしい。せっかく屋根をつけ、立派な歩道をつけ、歩きやすいようにしたのだから。

 地下道には左右から入れるので、その中央に「道」を作ったのに、柵を乗り越えて作られた「みち」ができてしまう。計画的な合理的な道と自然にできたみちとでは、どちらが機能的なのか。
 頭で観念的に正解をさがすと、店側が合理的と思うが、実際に人が動くと、そうではないということをここに来て思い知る。ここは、現代の「みち」の精神を受け継いでいるのだと。
by shingen1948 | 2006-11-04 21:21 | ◎ 地域散策と心の故郷 | Comments(0)
a0087378_19573143.jpg 朝、土湯温泉のトンネルと道の駅の間の国道を横切る猿の集団を見た。10匹ぐらいの集団で、横切った後、ボス猿と思われる猿が、国道を横切った後、威圧するため、国道の対向車線に座り込んで、こちらをにらみつけていた。写真を撮ろうと思ったが、後続車があって危険なので、土湯の道の駅に入った後、猿が行った方向の写真を撮った。
a0087378_2054457.jpg
想像だが、本来動物の通り道だったところを勝手に人間が道路を作ったことで怒っているのではないかと思っている。そういえば、最近、熊が交通事故にあったとも聞いた。
 また、公共の施設に、雉がカラスを破って入り込んできたと聞いた。キツツキが学校の体育館のガラスにぶつかって死んでいたという話も聞いたことがある。空中に鳥が通る道路があって、そこに人間が勝手に建物を建てた。しかも、ガラスという訳の分からない仕掛けで通過できるように見せかけている。そんな風に鳥は考えているかもしれない。

 動物の世界だけではない。古道を探して散歩していると、新しい車道との交差点で交通事故多発地帯の看板に出会うことが多い。恐らく、生活道路として使っていた道路がある時、分断されたが、生活は変わらないので、老人や子どもたちが今風に言うところの無理な横断になって、車とぶつかっていると思うことがある。考え過ぎだろうか。
by shingen1948 | 2006-11-01 20:09 | ◎ 地域散策と心の故郷 | Comments(2)