人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

タグ:わたし ( 8 ) タグの人気記事

ブログに書くということ

  ブログをやる理由を経験的に確かめている。
  今のところ、「書くことは、書くことを見つけることであり、日常の生活を見つめることである。」ということを理由にしておきたいと思っている。
 まず、書いていて分かるのは、書くことそれ自体は、考えを整理することであるということだ。
 次に思いつくのが、書くためには、書くことを見つけなければならないということだ。この見つけるという作業こそが、今のところ大きな仕事になっている。それは、日々の生活を見つめるという仕事である。今までは、聞き流し見流しだった(見流しは造語かな)。立ち止まって考えることは少なかった。立ち止まってみると、いろんなものが見えてくる。見えてくるものは、小さいけれども真実に近い感じがする。真の美しさであり、真の醜さである。包んでいたオブラートを透かして、ものの原型が見えてくるといった感じだ。
 更に、真の姿が見えてくると、そのかかわりが気になりだす。今まで見えていた世界が、虚構だったのではないかと思えることがでる。たいしたことではないのだけれど、自分にとっては大発見なのである。

 
最近の発見は安達太良山である。「安達太良山」から思いつくイメージは、「観光」であり、「温泉」である。智恵子が言う「本当の空」などという明るいイメージも浮かぶ。これを見つめ続けていると、それだけでないことまで見ることになる。
  まず、何の意識も無く、安達太良山の防災計画を見つけた。これは、今にして思えば、このことは、負のイメージを見つめていくことになっていたのだ。「荒々しい山」、「噴火」、そして、「災害」、「避難」といったことについて考えることになる。
  次に起きる意識の変化は、負のイメージを受けることのない地域の発見である。具体的には、玉井地区は、負のイメージの影響を受ける事がないという発見である。それは、日々の生活では、水のよさとしては気づいているのだが、安達太良山と関連付けては考えていない。
 更には、関係に思い至るのだ。水質を確認していくと、和尚山が、安達太良山の荒々しさをストップしていることに気づかされる。それは、堤防のようにそそり立つことだけでなく、木々がうっそうと茂り、足を踏み入れることまでも拒否することによることのすばらしさに気づくことになるのだ。登山のルートとしての解説の中では、「二度と通りたくない」などの記述を見つける。これは、負の記述になっているのだが、この人を踏み入れることを拒否する自然があることが、豊かな水系が保たれている原因なのだということを知るといった具合である。
  イメージの広がりは、これだけにとどまらない。行政の区切りは自然の区切りではないという当たり前のことを改めて思い知ることにもなるのだ。
  安達太良山の荒々しさの影響は、荒川まで影響しいることに気づく。そうすると、荒川の荒々しさと付き合う人々や、吾妻の水系が気になるといった具合に新たな広がりを意識することになるのである。
 今まで、点として見つめていたことが、線になり面になるという実感がおきはじめたところである。

 更には、書いたことを整理する必要が起きる。記事の量が増えてくると、分類をしなおすことが必要になってくるからだ。カテゴリーを整理していると、自分の頭の中が整理されてくる自分を感じる。上記のことも、やっている時点では、漠然としたものなのだ。漠然と何を感じていたのかが、この整理を通すことによって明確になっていくといった感じである。

 書く習慣を維持するために、ブロクを続けているというのが、今の段階での理由である。
 なお、最近のカテゴリーの整理状況だが、地域の散策を分類し、項目に分けている。未分類で書き溜めていくのは、そのまま「地域の散策」に書き溜める。それをふりわけるという感じであった。ところが、それだけで済まなくなった。「治水と親水」について小項目にしようとしたのだが、ちょっと大きなカテゴリーになっているという感覚が起きたのだ。そこで、「治水と親水」については、大きなカテゴリーとして独立させた。
by shingen1948 | 2006-12-23 07:23 | ブロクとわたし | Comments(0)

すごい時代がやってきた

  学生時代、同人誌を仲間とやっていたとき、あきれた友人がいて、合評会では、「自分の作品は、言い訳しない。書いてしまった以上作品が話をするので、作者がああでもないこうでもないと言うものではない。」というのだ。これでは、合評会にならない。いつも分裂。そして、しばらくすると、もう一度組みなおして、新たな同人として再スタートする。そんなことでした。
 「売れるかどうかは、気にすべきでない。」編集を任され、印刷屋さんのアドバイスを受けて、同人仲間に言われた回答である。印刷屋さんが言うには、「内容の良し悪しは、手にとって貰ってからの話だ。まずは、本屋さんに置いてもらったとき、手にとってもらえることが大切であり、それは、表紙で決まる。」といわれたのだ。本音は、金が無い。金をかけるなら中身にかけたいという事だろうが。
 読んでもらうのに宣伝はいらない。コンクールに出すなどというのも邪道である。いい作品かどうかは、自分が一番わかる。

 ご説御尤もだが、どう見たって思い上がりでしかない意見である。こんなことで、同人誌を運営していけるわけが無い。だから、其の後も、仲間としては付き合っていたが、同人誌としては解散した。今思うと、当たり前なことである。若さとは、恐ろしいもので、これが正しい論理と思っていた。

 ところがである。このとてつもない思い上がりが、可能なのである。言い訳しない。手にとって貰うために手立てを講じなくてもいい。いいか悪いかは、自分がわかる。こんな無茶苦茶な論法が通用するのだ。
 ブログをはじめてようやく2月である。その間、何もしなくてもアクセス数が700を超えている。
  知人には、このブログについては話をしていない。ただ、書きたいことをつづっているだけである。何もしていない。それでも、ブロクの世界は成立してしまう。これが、ブログをはじめて二ヶ月目の感想である。
by shingen1948 | 2006-11-18 08:32 | ブロクとわたし | Comments(0)
メールマガジンの楽しみ方|Excite エキサイト ブックス (文学・本・読書)
 この本について、あいまいな記憶の中、2006.10.2に、「ブログに挑戦」の題で、以下のように表現した。

 お年寄りが、「まぐまぐのメールマガジン」に挑戦する本を読んだりもして、いろいろな情報の発信の可能性があるなとは思ったが、ブログという概念は知らなかった。

 改めて読み直して、この本はメールマガジンについての魅力だが、ブログについての可能性も読み取れる。発行の魅力と配慮点についての記述は、そのままブログの配慮点でもあると思う。
 
 まずは、発行したいということから、読んでもらいたいという意識になる。
 次に、落ち着いてくると、主張したいという意識から、励まされていることに気がつく。
 更に、そのためには、好まれる条件として、あげた中で、以下の点が参考になりそうだ。

 ① コメント、メールなど頻繁に反応する
 ② 双方向性を探る。
 ③ 分かりやすい内容にする。
  ・ 目次の重要性
  ・ 目的を明確にして、主張や提言を必ず載せる。
  ・ 具体性、ストーリー性に心がける。
 ④ 新鮮で豊かな情報に心がける。
  ・ 新鮮な情報発信
  ・ 常に情報を集める。
  ・ 定期的に発行する。

  当時、著者は、77歳である。シニアの新しい生き方の道具としての有効性について、改めて感じさせてもらった。
by shingen1948 | 2006-11-13 18:28 | ブロクとわたし | Comments(0)
 カテゴリーの「地域の散策」から、「会津への道(本宮・山入・母成)」を独立させました。ある人に、このあたりと戊辰戦争と会津のかかわりについて、知っていることを教えてほしいと頼まれた。「山入村の戦いについて」とそれに関わる地図・「母成峠の戦い」・「本当は戦いたくなかったもうひとつの戦争」と題して資料をあげた。その時、資料選びに探し出したものを中心に独立させておくことにした。

 今までの分類の範ちゅうにない季節だよりをまとめて「歳時記」のカテゴリーで纏めておくことにした。
by shingen1948 | 2006-11-09 19:52 | ブロクとわたし | Comments(0)
 分類等の作業を通して、私にとってブログの効用は、自分の意識が明確になることかなと思い始めていました。
 ブログをはじめてまもなく一月。道具としてのブログと自分のかかわりについて考えています。 アクセス数が増えたり、コメント等コメント等があると、まずはマイナスイメージが働いて、用心しながら確認しています。しかし、商売とかアクセス数を稼ぐとかといった他の目的もありそうなものは感じますが、悪意に満ちたものはごく小数であるとの感じがしてきています。
 だとするならば、プラスイメージの道具としては、次は、人と人との善意によるつながり、あるいはコミュニケーションの楽しさといったものが期待できる道具なのではないかと感じ始めてきています。人が成長するとき、まずは自主性が、次に、協力性がという高い次元に深まることが期待されると聞いています。まさに、そういった概念を実感しています。
by shingen1948 | 2006-10-22 05:26 | ブロクとわたし | Comments(0)
 ブログをはじめてそろそろ一月になろうとしている。それなりに分類していたが、だんだん自分の意識とのずれが出てきたので、まとめ直すことにした。
 効率とか成果とかとは縁遠い生活を「スローな生活」としてまとめてきた。その中から、[温泉に浸かる楽しさ]と[山歩きや散歩で感じたり調べたりする楽しさ]を独立させて、「地域の散策」とした。
 「スローな生活」「地域の散策」を並列にして並べ、「地域の散策」の内容を「山歩きや散策で調べたりしたこと」と「温泉の楽しさ」とした。この二つを一緒にくくつたのは、山歩きで発見したことを突き詰めていくと、温泉の湯元散策だったり、温泉の歴史に触れたりすることになったりすることが多かった。それがまた、温泉に浸る自己満足としての楽しさになっている。切り離せないのだ。
 「地域の散策」を、タグで「安達太良の里」と「吾妻の里」に分けた。すると、「街角発見」でなんとなく見つけたことを思いつくまま並べていたものに、地域を調べる観点からまとめ直すとだぶるものがいくつかあった。それを、「地域の散策」の仲間に入れて整理した。
 
 この作業を通して、少しずつ自分の意識が見えてきているように感じている。この分類整理作業は、自分を探す方策の一つになっている。

 付け加えだが、トラックバックを受けた内容から、自分の中に存在するマスメディアの横柄さに対する批判の感覚の存在に気がついた。これも一つの自分発見であった。

         More
by shingen1948 | 2006-10-14 08:29 | ブロクとわたし | Comments(0)
 「シン」は、名前です。自分の立場を「風の人」としたのは、次のような理由です。

 「風の人」という言葉は、地域学でいう「地の人」「風の人」という概念を借りました。

 私「シン」は、幼いころに住んでいた「原風景のある故郷」を離れて生活しています。最近、原風景を時々思い出すようになりました。若いころは厳しい自然環境や人とのつながりの濃さがうっとうしいと感じていましたが、最近はそのことが懐かしく、また、できたらそういう生活に戻りたいと感じています。

 年のせいです。でも、ずっとこの「原風景のある故郷」に住んでいることができていたとしたら、こんなにも故郷のよさやいとおしさを感じていなかったかもしれないなと思うこともあります。 故郷を離れ、故郷を今住んでいるところから見つめ直したからこそ、手に入れられた視点なのではないでしょうか。

 今、住んでいる所は、故郷ではないといいながら、年数的には「原風景のある故郷」である生まれ故郷より長く住んでいます。したがって、私にとっては「地の人」として生活すべき空間なのかも知れません。足元をみつめ、この地のよさを生かして、しっかり生活すべきなのです。そのことを「大人の総合学習的な生活」としました。
 それは、地元学でいう「地の人」と同じ意味です。でも、私のよさは、「原風景のある故郷」とは離れていることです。「風の人」としての立場が私「シン」のよさです。 幸い、仕事場も「今住んでいる所から離れています。(仕事場が離れているということは、日常の生活の場の視点からは厳しく、かわいそうな自分の立場ですが)。ですから、私「シン」は、仕事場でも「風の人」です。それどころか、「原風景のある故郷」を見つめるときにも「風の人」になっているのです。

 「風の人」として、「地の人」の生活のよさをしっかり見つめることができる優位な立場を利用していきたいとの思いをこのタイトルに込めています。
by shingen1948 | 2006-09-24 05:02 | ブロクとわたし | Comments(0)
 「総合学習的生活」ということを、次のようにイメージしている。
 
 今までの生活活動で培った自分の力全体を使って、身の周りを観察しする。それを「総合学習的生活」と表現してみた。

 私たち大人という立場は、仕事の立場とか、みえとか外聞という「建前の世界」を中心に生活してきた。その建前的な生活の対極を「大人の総合学習的生活」とした。
 
 それは、自分の感性のみを信じて、真に感動することのみを求めて生活する行為である。また、関心の対象物も、自然であったり、道端にひっそりとたたずむ遺産であったり、まったく無意味な人為的なものであったり、環境問題だったり、人とのかかわりであったり等々、限定しない。まさに総合的なのだ。それを、本気で調べ、本気で考え、本気で表現する。その本気になれる自分を高めることを大きな目標とする。

 そういった生活をする結果として、仕事的にも、生き方についても、よく言えば完成したと勘違いしている自分や行き詰まっていると感じている自分から脱皮できるのではないかと思っている。実際の生活では、抵抗はしながらも、実質的には、競争・効率・マニュアルの社会に置いてきぼりにならないように気遣いながら、安定を求めて、現実の日常を歩いてきている。

 最近になって、この年になったのだから、誰にもまどわされないで、本当に大切と感じるものを探し出したいとの思いが強まってきているのだ。
by shingen1948 | 2006-09-23 19:19 | ブロクとわたし | Comments(0)