地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

福島の建築 22

 三島県令がかかわる仕事は、栗子峠などの道路を中心に紹介される。その中から建物にかかわる部分を拾うと、公共の建物として残るのは、5か所らしい。
 福島県では、明治15年には石川郡役所、明治16年には、信夫郡役所、伊達郡役所、西白河郡役所、明治17年には、北会津郡役所、耶麻郡役所、明治18年には、南会津郡役所、警察署、電信局、監獄署などが新設される。
 そのうち現在残るのは、伊達郡桑折陣屋の旧伊達郡役所と南田島町の南会津郡役所の2か所という。山形県では、山形市の旧済生病院本館と鶴岡市の旧西田川郡役所、それに、天童市の旧東村山郡役所の3か所。

 福島の公共施設には、県令も力を入れたはずだと想像するが、残らない。これは、機能的な便利さを求める地域性と共に、三島通庸への反発が関わっているのかもしれない。
a0087378_5135820.jpg
 この伊達郡役所は、県内で残る2つの旧郡役所のうちの一つ。ここから、信夫郡役所などの建物をイメージするしかない。
 歴史的には、伊達郡役所は、明治12年(1879)に保原町の区役所を改築して設置された。それが、桑折町の誘致運動によって明治16年(1883)にここに移されたものらしい。
 この建物は、その明治16年に造られた木造2階建ての擬洋風建築。桑折町の大工山内幸之助と銀作が棟梁として、当時のお金で25,000円の寄付金で造られたという。
a0087378_5241629.jpg
 和風建築の構造体に洋風建築の要素を取り入れたということが特徴のようだ。
 瓦屋根や2階ベランダの入母屋など和風の要素に、縦長の上げ下げ窓・外壁の下見板梁・柱飾り等々などの洋風の要素が合わさっている。
 当時の郡役所の特徴としては、玄関ポーチを張り出して2階部分をベランダとすることと、その上部を塔屋としていることらしい。
 その塔屋は、明治20年解体撤去されていたが、昭和54年に復元されているという。

a0087378_5155813.jpg
 ここは、大正15年(1926)7月1日に郡役所が廃止になるまで、1階は郡政事務室に、2階が郡会会議室として存続したという。その後も、この建物は公共施設の事務所として利用されていた。最後は、県の地方事務所として使用されていたのだが、昭和44年(1969)3月の県行政の改革によってその役目を終えた。
 昭和52年には、国重要文化財に指定された。現在、二階には半田銀山関係の資料が展示されている。
 直接関係ないが、確認していく中で、当時の伊達郡長は、三島県令夫人の兄柴山景綱だったとか、桑折に移したのは、ここが半田銀山で開けた幕府直轄領で、代官所があったことと、国道沿いということが背景ではないかという推測による裏話なども見た。
Commented by TUKA at 2010-02-19 21:24 x
あれ?西白河郡役所は南湖公園内に保存されてるはず?
と思って調べたら、あれは復元されたものだったんですね。
道理で扱いが悪いわけです。

伊達郡役所ですが、当初桑折町が「代官所があったし、国道も通っているから」と移設を申し出ましたが、政府は「その2点と郡役所の場所は関係ない」と却下されてます。
しかし三島県令になってから再度移設申請したところ、
「代官所があったし国道も通っているので郡役所に適している」
との理由で受諾されました。
薩長藩閥政治の成せる業ですね。

これが後の伊達橋騒擾の伏線になっているように思います。
Commented by shingen1948 at 2010-02-20 05:55
移設の背景のいろいろな説明を見ました。土地の提供が積極的とかというのも見たような気がします。いずれにしても、引きずった可能性はありそうですね。
 
 庭坂の散策は、奥羽本線だったんですね。ホームページ見ました。初めて知りました。
by shingen1948 | 2010-02-19 05:26 | ◎ 福島の建築 | Comments(2)