人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

福島の建築 ⑲

 会津の、野口英世の青春通りのメインの建物は、先に整理しているが、それだけで、街並みの雰囲気を伝えることはできない。
 その雰囲気は、中心となる建物だけが醸し出すのではない。その他の建物も、道路も、そして、そこを通る人も含めた漠とした全体的な色や材質といつた視覚的なもの、においや風の動きなど肌で感じるもの、等々……が醸し出すもの。
a0087378_5281181.jpg
 この黒河内内科医院の建物は、通りの脇にあって、雰囲気を出すのに重要な役割を担っているように思える。

 元々、自分がこの通りに持っていたイメージは、神明通りへ向かう時に通る裏通り。今メインになっている建物群は、そこにごく自然に存在していた風景。その中で、これは、ちょっとつきはなされて、覗いてみたくなる秘密めいたものを感じる建物だった。
 自分にとっては、その雰囲気を感じたことが懐かしいこの建物は、昭和10年(1935)建設らしい。
by shingen1948 | 2010-02-14 05:30 | ◎ 福島の建築 | Comments(0)