人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

福島の建築 ⑱

a0087378_5255471.jpg
 桑折宿の路地裏を歩いていて、西根堰沿いの酒造蔵跡に出会った。このことは、先に、「桑折宿の路地裏」として整理しているが、蔵のある風景というのは、落ち着く。
 詳細は確認していないが、この蔵は桜川酒造という造り酒屋らしい。老朽化しているもののいい景観だ。酒造の裏の神社も含めて、何となく癒される。


a0087378_531272.jpg
 これは、瀬上の裏町通り。

 会津で、まだ蔵を公開する酒造が珍しかった頃、立ち寄ったことがある。いわゆるお宝や、野口英世とかかわるお宝が、その辺に無造作に置かれている中を御案内いただいた。
 経営者の方と、直々にお話しができたので、「もったいない」というようなことを言ったら、それは違うという。保存を特別なことと考えたら、建物保存は無理だというのだ。日常的に使っている事が、結果的に保存になるという事が大切なのだと熱く語られた。そういう環境がつくれるかどうかが勝負だと……。
 最近、その前を通ったら、活気づいていた。いろいろ資料館が整備されて、ホールとしても活用しているようだった。
 熱く語られたことが実現されていることを感じたが、ちょっとお済ましした雰囲気にはなっていた。
a0087378_5293726.jpg
 蔵のある風景を見ると、あの語りの熱と建物保存の話を思い出す。
 柳町あたりを歩いていると、閉じられた蔵造りの店に、つい目が行く。
by shingen1948 | 2010-02-12 05:33 | ◎ 福島の建築 | Comments(0)