地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

懸田城③

 茶臼山公園案内図を見て、懸田城を散策するには、案内されるように公園の中を巡っていくよりも、一周道路から侵入禁止になっている道に入った方がよさそうだと思った。
a0087378_491835.jpg
 一周道路を進んでいくと、急に視界が開け、懸田城本丸の山が姿を現す。その迫力に圧倒される。
 山自体が木も生えていない加工されたような急斜面で囲まれて、それだけで一つの城郭と思えるようなみごとさだ。素人目にも、防御性の高さが分かる。
 茶臼山公園の入り口から見える山が懸田城だと勝手に思っていたこととの落差に驚く。


a0087378_4121276.jpg
 二の丸広場から本丸に行けそうな道筋を確認しながら山に向かうと、先に整理した懸田御前観音堂あたりに出る。(ただ、この時はそこが観音堂ということに気づいてはいなかった。)
 この細道が、二の丸の南側を通り、あの本丸へつながっているらしいことが分かる。


a0087378_4161639.jpg
 これは、本丸から二の丸を眺めているが、この平場のやや下方左側に見える細道が、登ってきたこの本丸への道だ。方向的には、二の丸の南側の道だ。


a0087378_4184340.jpg
 ここら南側は遮るものは何もない。山裾から掛田の街並みまで一望できる。


a0087378_4204713.jpg
 山頂は、かなり広い平場になっていて、たくさんの桜が植えられている。


a0087378_4215890.jpg
 平場の中央に三角点があり、その北側に社が建っている。その西にトイレが整備されている。恐らく茶臼山公園の一部になっていて、地元の花見場所としての役割を担っているのだろう。


a0087378_4243126.jpg
 山頂主郭から一段低い所に帯郭が巡らされているが、東側には金華山神社が鎮座する。この一段下がった平場と山頂の平場に連続性を感じる。勝手に本来の登城口とかかわるような気がしている。


 山頂主郭から西下に副郭部(勝手に二の丸と呼んでいる)があり、その先端から小郭が階段状に何段にも渡って梯郭式になっているのだが、そちらに向かって公園が整備されている。
 下りはそれに沿ってきたのだが、所々に公園化された平場を置いて、それをつないで登って行けば、山頂主郭にたどり着けるというふうに工夫されたようだ。
a0087378_4264845.jpg
 これは、案内図に第二広場となっている所から、東側の尾根の方向をみているが、その向こうに案内図が見える。たどっていくと山頂が見えてくるということだ。
 先の懸田御前観音堂は、この案内図で気がついた。

 懸田城は、それほど技巧的な加工を施さずに、天然の地形をそのまま利用しているが、城としての防御性はかなり高かっただろうというのが感想だ。
by shingen1948 | 2009-12-26 05:06 | ◎ 会津への路(伊達政宗) | Comments(0)