人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

舟橋北遺跡現地説明会③

 この遺跡の多くは、平安時代の竪穴住居跡のようだ。
a0087378_793310.jpg
 掘立住居跡を掘り上げて提示されているのは、4号竪穴住居跡だ。全体的にみると、こんな感じだ。
 位置的には、鎌倉時代の堀の直ぐ東側のあたりだ。


a0087378_7104241.jpg
 そのかまどもきれいに掘り出されていた。
 このかまどは東向きについている。
 入口は、南向きの想定らしい。


a0087378_712372.jpg
 この4号竪穴住居跡に重なって、6号竪穴住居跡が掘り出されている。


a0087378_7333271.jpg
 説明会資料では、竪穴住居のイメージ図が示されている。


a0087378_7145098.jpg
 北側の5号竪穴住居跡では、掘り上げ途中の様子が分かるように提示されている。東側の奥の穴が、かまどから延びた穴だろうか。


a0087378_7191226.jpg
 土器が掘り出されている状態をしめしているようだ。


a0087378_7162286.jpg
 西側の角全体の様子。


a0087378_7243338.jpg
 遺跡西側の3号建物跡脇に、2号建物跡があり、それと重なって、1号竪穴住居が掘り出されている。


a0087378_7261946.jpg
 これは、3号竪穴住居跡だ。
 
 説明会に参加人が歩けるようにしたところにも、多くの柱穴があり、その穴に土嚢を入れて崩れないようにしていた。
 左角は、そういう穴の一つ。
 
by shingen1948 | 2009-10-31 07:45 | ◎ 埋蔵文化(古墳・それ以前) | Comments(0)