人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

弁天山⑨~川俣旧道と絵馬平

a0087378_425523.jpg
 大蔵寺から川俣旧道へ入り込む観光客はいないはずなので、余計な御世話だが、ウォーキング・トレイル駐車場の案内図のこの道の表記が少し違っている。
 これは、バイパスから絵馬平トンネルをみているが、大蔵寺を過ぎて、真直ぐ進むのではなく、この上を南に回り込んで進んでいる。この細道、勝手に川俣旧道としてきたが、この辺りからは鳥谷野の渡しから川俣に続く旧道であることに間違いないらしい。


a0087378_4304170.jpg
 トンネルの上を、右手に曲がりながら跨いで、経塚山墓地の脇を通って左に折れ曲がり直し、急な坂道になって一気に登りつめる。


a0087378_4342313.jpg
 途中から振り返ると、遠く平野の景色が下に見える。

 この道が続くその先とこの山の下を最近開通したバイパス道がいつか重なるはずなので、とりあえずそのあたりまで進みたい。
 その間に、どこかで信夫発電所が見えるところがあるはず。
 東根郷は、「天地人の時」から水対策がうまく機能せず、失敗を繰り返して苦労を重ねてきたのだが、それが一気に解決をみたのは近年で、その東根堰のスタート地点が、この信夫発電所。


a0087378_4431079.jpg
 最近開発された南向台団地からの道が、ここで交わる。この道は、南向台団地の北端の突き当たりの位置にある。
 この道は、ここからやや下り気味に北に回り込んで、絵馬平に進む。


a0087378_4463995.jpg
 進む途中で、北からの道との分岐点に出会う。これが、十万却散策で降り立った、絵馬平への道と繋がるのだろうと思われる。
 この北側の山が絵馬平縄文遺跡とのことだ。


a0087378_448928.jpg
  絵馬平の延命地蔵前を通る。注意書きがあって、賽銭泥棒があって対策中なので賽銭をいれるなとある。ちょっと悲しい気分になる。


a0087378_451671.jpg
 バイパスと重なるころに、切り取られた道を進んでみると、そこに義人の墓がある。
 仏眼寺に渡利村全体としての顕彰碑があるが、彼はその中の旧山之内村の義人ということのようだ。


 ふるさとの良さを見つけよう
 歴史 義人菅野作左衛門の墓
a0087378_453197.jpg
 江戸時代のこのあたり(渡利村山之内)は畑が多く、水田は谷間の窮屈な場所を切り開いたものであり、渓谷や冷水が直接にそそぐ実りの少ないのに年貢が取り立てはきびしく、夫役(人夫)は本村なみに課せられて農民は苦しい貢租に困り果てました。山之内の作左衛門は、新田石増の非と夫役減免についての取りなしを渡利村名主杢右衛門に頼みましたが応じてくれません。もはやこれまでと意を決した作左衛門は元禄15年(1702)12月から福島藩主となって初めてお国入りする板倉重寛の行列めがけて直訴しました。宝永元年(1704)8月14日のことで、伏拝の付近と言われています。藩主重寛は取り上げましたが、天下御法度により作左衛門は11月13日に須川(現、荒川)の河原で処刑されました。おかげで年貢は減免になりませんでしたが、夫役は全免となり、村民は、その恩恵を受け、人々は作左衛門を義民として崇めるようになりました。
 義人菅野作左衛門300年祭実行委員会

 この向いが、旧渡利小山内分校舎跡地で、福島アポロが、山内小学校跡らしいが、意識していなかった。
a0087378_4552066.jpg
 帰りは、バイパスを下る。途中、信夫発電所が見えた。
by shingen1948 | 2009-10-12 05:01 | ◎ 山歩きと温泉 | Comments(0)