人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

十万却山へ⑥

 「二つ沼」「小舟沼」など、現在も活躍中の溜池について、「東根堰が開通しても、この辺りはトンネルでの通水になっているので、……」との認識だったが、少し違っていたようだ。
 この渡利地区は、山際あたりが古くから発展したということで活用させていただいていた等高線にそった道路が、地下の東根堰ラインらしい。それで、二つ沼の方向から来る小川とこの道の所からむっつりと東根堰の水路が顔を出し、樋越しで渡ってまた山の中に消えていくことになるらしい。
 つまり、この道から下は、東根堰の水の利用も制御も可能だということらしい。ということは、現在も残る溜め池は、この道より高度のある地域の水利用にかかわっているという役割を担うということだろうか。
a0087378_574468.jpg
 桜清水から、旧道を渡利方面に戻る。この桜清水前の道路も広げられるのだろうか、それとも、公園に連なる道として整備されるのだろうか。


a0087378_594070.jpg
 少し下ると、渡利地区が見渡せる。後で分かったのだが、二つ沼に向かう道は、昔、「奥の細道散歩道」に選定されていた道筋のようだ。春日神社からこの道を山口に抜け、文知摺観音までの設定のようだ。


a0087378_5145222.jpg
 恐らく桜清水への散歩道として整備している道筋だろうか。


a0087378_5165229.jpg
 ウォーキング・トレイル駐車場近くの案内板で、先の細道と繋がることが分かる。


a0087378_5175338.jpg
 ここが、ウォーキング・トレイル駐車場で、花見山を中心に、この辺りを散策するための駐車場が整備されたようだ。


a0087378_5185360.jpg
 ここに建つ新しい案内板を見ると、花見山と繋がる道筋として辺りを整備していることが分かる。
 春日神社前の道筋と明らかに違うのが、茶屋の桜から十万却へは案内をやめていることと、花見山公園から、水色で示された道筋が伸びて弁天山まで繋いでいることだ。
 十万却へは、その途中から分かれて入るように案内されているようだ。


a0087378_5215787.jpg
 とりあえず、花見山の前まで来てみる。


 水色の道筋については、項を改めて別の視点から整理したい。
by shingen1948 | 2009-10-02 05:26 | ◎ 山歩きと温泉 | Comments(0)