人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

十万却山へ⑥

a0087378_415888.jpg
 これは、「二つ沼」のほとりに建てられている「山の入町内会」の図だが、今回の散歩道を確かめるのに、先に張り付けた。
 「二つ沼」は、この案内板では「茶屋沼」になっている。春日神社前の十万却ハイキングコース案内図では、「二つ沼」として二つの沼が記されていたが、整備が進んで「茶屋沼」とその遊水地公園にしたという感じがする。
 道路元標から進む道が、この図にある県道渡利山口線ということになる。

 その県道を進んでくると途中、「桜清水」への道案内があるが、そのまま進んで、とりあえず「二つ沼(茶屋沼)」をめざす。
a0087378_4272776.jpg
 その途中の景色は、はじめての地のはずなのになのに、懐かしいという錯覚を起こす。
 これはバス停、どこかで出会っているように思ってしまう。


a0087378_4302711.jpg
 茶屋沼を中心にした公園は、現在整備のための工事が進行中のようだ。
 定かではないが、この公園部分も、春日神社の案内板を建てる時点ではもう一つの沼だったのではなかったかと、想像する。公園に整備はしてあるが、機能的には遊水池の役割を持たせていると見る。


a0087378_435024.jpg
 公園の上が、「茶屋沼」で、整備工事中。この入口に先の案内板は建っていた。
 この辺りは、東根堰もこの地の下をトンネルで通過している。耕作の水の便はこの沼が頼りなはずで、恐らくこの沼は現役のはずだと勝手に思う。
 公園整備に見えるが、機能的には溜池整備なのだろうか。


a0087378_4394615.jpg
 この奥に見えるのが、茶臼山配水池を経由して古峰神社と案内にある山だろうか。もしそうなら、これが春日神社前の案内板で言う「下舘」ということになると思うのだが、どうだろうか。

 今日はここから下ることにする。


a0087378_4425638.jpg
 二つ沼(茶屋沼)―茶屋沼公園、そして、この耕作地が低地になって続いている。
 この耕地を挟んだ向こう側が旧道と思われる。その旧道が塩の道なのか、あるいは、この耕地に塩の道が消えたのかは分からない。


a0087378_446356.jpg
 少し下って、案内板をもとに旧道に渡り、「桜清水」をめざす。


a0087378_4482071.jpg
 桜清水周辺も公園化整備工事進行中のようだ。


a0087378_4491984.jpg
 「ウォーキング・トレイル」としての案内板が立つ。


 桜清水
a0087378_4505470.jpg
 この澄み切った湧水は、渡利3清水の一つといわれており、年中涸れることはありません。西行法師が掘り当てたとも伝えられています。
 昔、大波・山口そして遠くは小手郷(川俣方面)の人々がこの道を通りましたが、この場所は、山から町に入る前に身繕いをするため、或いは町からの帰り、山に入る足ごしらえするための格好の休み場でした。
 又、養蚕の盛んな頃は近郷の「糸とり水」として珍重されました。ここの水を使うと生糸の艶がよくなり、高く売れると言われ、はるばる遠くから汲みに来る人もいました。
 ウォーキング・トレイル


a0087378_4523866.jpg
 蓋が被さっていたので、カメラで中を覗いてみる。
by shingen1948 | 2009-10-01 05:02 | ◎ 山歩きと温泉 | Comments(0)