人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

町頭遺跡現地説明会②

a0087378_4225491.jpg 当日、少し早目に着いたので、発掘の作業をした方とおしゃべりをして、この発掘の様子について伺うことができた。話の端々に、茂庭の発掘との比較が出てきた。話を聞いていて、茂庭の発掘経験が生きているらしいことを感じた。

 発掘調査の現場の脇の民家では、展示会をしているというのでそちらを先に見させてもらった。


 この地区の遺跡が分かるパネル展示と岩崎町遺物を中心に、山の下遺跡遺物とこの遺跡の遺物が展示されていた。
a0087378_4251026.jpg
 岩崎町遺跡は、位置的にみると、渡利大橋の近くだ。この橋が架かり114号線道路の整備にともなって調査された遺跡のような感じだ。


a0087378_4273793.jpg
 この岩崎町遺跡は、平安時代を中心にした遺跡のようだ。8世紀後半から10世紀前半の竪穴住居跡が38件発見されたという。その住居跡の数は、平安時代以降の数が多いことから、9世紀の平安時代初めごろに新たな耕地開発に伴い作られた集落と考えられているようだ。
 地形的には、ここが高台になっていて、この背後に後背湿地があってその開発に伴って形成されたとある。 上の写真で、水田になっているあたりが、その湿地なのだろうと想像する。


a0087378_4322587.jpg
 この遺跡の住居跡の中に、一辺が9m前後の大きな竪穴住居があったということだ。この住居に集落の有力者が住んでいたと考えられているらしい。
 ここでは、遺跡の重なりから、その新旧について説明されている。


a0087378_4423371.jpg
 この岩崎町遺跡では、10世紀なかほどの土器が穴の中に捨てられていたということで、たくさんの遺物が出土したようだ。その遺物を中心に展示されている。


a0087378_4453996.jpg
 人が集まる前なら触れてもいいし、写真も自由ということで、いろいろ聞きながら充分楽しませていただいた。
Commented at 2009-09-16 10:41
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Y.K. at 2010-05-20 01:18 x
はじめまして。福島県出身のY.K.といいます。現在大学で考古学を専攻していまして、岩田町遺跡でヒットしたのでブログを拝見させていただきました。東北の土師器、須恵器に関するレポート提出のため、調査報告書もみました。実際に出土遺物に触れることのできる機会はなかなかないので図面でしかみることはできないですが、自分の地元の歴史を遡るのも面白いですね。次に帰省する時には県内の遺跡も見られたらいいな~なんて思っています。では、突然のコメント失礼いたしました。また覗かせていただきます!
Commented by shingen1948 at 2010-05-24 10:57
コメントありがとうございます。
使い慣れたパソコンの基板交換で、最近まで、別なパソコンを使用していて、返信遅れています。

効率ということからは疎遠かもしれませんが、住み慣れた街も、見方を変えると別な見え方になるという魅力ある学問の専攻、うらやましいですね。
ただ、現実は、この遺跡も含めて、破壊されるために発掘されるという状況が多いようですね。

将来にわたっても永いご活躍を期待します。
by shingen1948 | 2009-09-16 05:06 | ◎ 埋蔵文化(古墳・それ以前) | Comments(3)