人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

「桑折西山城中舘跡 発掘調査 現地説明会」

a0087378_5175857.jpg
 8月22日(土)に、史跡桑折西山城跡発掘調査現地説明会があるというので出かけてみた。
 昨年は、本丸あたりの調査だったが、今年は大手門跡と中館の調査とのことだ。
 10年かけて調査し、史跡公園として整備を進めることを目的とし、成果として西山城に登るための道路や、中館の空堀跡などが発見されたとのことだ。

 桑折の西山城は、昨年5月に西山城周辺の散策を楽しんで、9月に、西山城の本丸跡発掘調査現地説明会に出かけていた。
 昨年は、説明会中に突然の雨が降ったりする天候だったが、今年は、天候に恵まれ、しかも今の季節にしては比較的に過ごしやすい中での説明会だった。
 昨年同様、観音寺駐車場から現場までは山道を登りとなる。今年の受け付けは、大手門を入った所の広場だった。
 ちょっと早く着いたので、家人への案内も兼ねて、昨年度確認した本丸跡へ行ってみた。
a0087378_593620.jpg
 入口から本丸の中心地辺りは草が刈り取られていたが、堀と土塁あたりや奥の門辺りは、草が生い茂っていて案内できなかった。

 昨年度の現地説明会については、7回に分けて整理していた。
 ○ 「桑折西山城本丸跡 発掘調査 現地説明会」に出かけた

 ○ 「桑折西山城現地説明会」にて②~出土品

 ○ 「桑折西山城現地説明会」にて③~東側の調査区(裏門と柵)

 ○ 「桑折西山城現地説明会」にて④~東側の調査区(通用門として)

 ○ 「桑折西山城現地説明会」にて⑤~南側の調査区(空堀跡)

 ○ 「桑折西山城現地説明会」にて⑥~南側の調査区②(空堀跡)

 ○ 「桑折西山城現地説明会」にて⑦~説明会を終えて



a0087378_5154152.jpg
  二の丸あたりも覗いて見たが、この辺りも草が生い茂っていた。この辺りは、5月に整理したことをもとに案内した。
 ○ 桑折の西山城へ①
 なお、この西山城の搦手門は、現在桑折寺の山門として現役である。そのことについては、桑折西山城③の搦手門 ~ 「桑折寺の山門」として、整理してある。
 今回説明のある中舘の昨年の5月の状態を整理した時は、岳藪が整理されているところだった。今回のこの調査のための下準備だったらしいことが分かる。
by shingen1948 | 2009-08-27 05:06 | ◎ 会津への路(伊達政宗) | Comments(0)