人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

伊達町長岡周辺の遺跡

 この辺りの遺跡については、マホロン遺跡データベース検索では表示されるが、地元の資料には載っていないという遺跡がいくつかある。多分、確認されているものだけを取り扱うという姿勢なのだろうと想像する。
a0087378_4592549.jpg
 その一つが、「根田館」。
 中世の館跡で検索すると、長倉館の北側に、駅を越えて「根田館」が、プロットされる。恐らく単純な構造であり、築城時期や築城者、館主など詳細等の情報もないのだろう。長倉城よりやや古いのかなと勝手に想像している。
 現況は、アパートなどが建っていて、手前の丘のようなものが土塁とかかわるような気もするし、関係ないような気もする。
 駅前の案内板には、長倉館もないのだから、この館跡がないのは当然。


a0087378_512923.jpg
 もう一つは、「城の内古墳」。
 長倉城②として整理する時に使ったこの写真の右側の石垣辺りに、「舘の内古墳」がプロットされている。
 伊達町の資料では、古墳時代の遺構は(長岡辺りには、)現存しないが、かつて伏黒村の自然提上には円墳群があり、蕨手刀が出土したとの伝えがあると記載する。ただ、福島大学の「上条古墳群1」の報告書にも周辺の古墳としてここがプロットされている。
 勝手に存在していたと想定すると、この古墳を長岡館の土塁としても転用して重なるような気もしている。


 勝手にそれらの遺跡は存在しているということを想定し、先に整理した岡陣屋跡も含めて位置関係を地図に貼り付けてみた。この方が気楽な散歩人としては楽しく想像が膨らむ。
a0087378_56590.jpg
 岡陣屋跡は、丘陵の東側の北はずれにあり、三島屋敷・極楽院は丘陵の東端に沿っての位置にある。それらに囲まれて西に根田館、南西の位置に長倉城がある。とりあえず、これらがこの辺りの中世の史跡とのかかわりか。
 広く国道バイパスと駅前の道路の交点を中心に遺跡のマークがされているところは、それらの遺跡と連続して古い時代にさかのぼって人々の営みがあってもおかしくはなさそうな地形だなと勝手に思っている。

 ここらを散歩したての頃、山王様が二つあることに不思議な感じがしたが、岡村と長倉村の神社と想像すればより納得がいく。金秀寺が、岡村の中心的なシンボルで、その隣の熱田神社が岡村側と勝手に想像するがどうだろうか。

 この辺りに窒跡も何箇所か検索されて気になる所だが、今のところ確かな情報は持ち合わせない。
by shingen1948 | 2009-08-06 05:09 | ◎ 地域散策と心の故郷 | Comments(0)