地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

方木田稲荷塚古墳

 この方木田稲荷塚古墳を確かめたかったのは、昨年の4月だ。下鳥渡稲荷塚古墳
や、下鳥渡の八幡塚古墳へ行ってみた頃、福島の西部の平地の古墳をたどっていたのだ。その時に、この古墳を何度か探したが見つからなくてそのままになっていた。
a0087378_4364318.jpg
 その時にいつもたどりつくのが、この道祖神だった。そして、ここまでだった。


 今回は、この古墳を確認したいという思いは強くはなかった。このあたりを何となく歩いていただけだった。
 歩いていたら、小型トラックが、その図体と似合わない小道に自然に入って行くのが気になった。感覚的なものだが、こういった感じの光景に出合うのは、その小道が古くからの生活路である場合が多いのだ。
 それで、そのトラックが通ったと思える道筋を追ってみた。
 雰囲気的に旧い生活路らしい感じがした。暫く進むと、地域の集会所への案内矢印があった。何となく集会所と稲荷のイメージ゛が結びついて、ひょっとして今日は出会えるかもしれない。そうな感じがしてきたのはこの時だ。
a0087378_4414658.jpg
 矢印に沿って進んでみるとすぐに集会所にたどりついた。
 あっけない話なのだが、その集会所の脇には神社があって、これが方木田稲荷神社。この方木田稲荷神社があるのが方木田稲荷塚古墳ということだ。


 鳥居の前に、案内板があった。
a0087378_4445427.jpg
 この古墳は、鳥渡の稲荷塚や八幡塚と同じく、6から7世紀ころのものと推定され、市内の古墳では古い時期に属する円墳です。
 荒川がもたらす水利によって開墾が可能になり、広大な田を持つことによって、このような塚に祀られる豪族も現れるようになったのです。
福島市

 分かってしまえば、なぜ見つからなかったのかが不思議に思えるほどだが、本当は見つけられなかったのにはそれだけの訳があったのだとも思う。それは、その地域の生活感のしみ込んだ風景を感じることができなかったということだ。
 その風景に紛れることができる感覚が得られた瞬間に、探し物はみつかるとも思える。
 それだけの話なのかもしれたない。


a0087378_4552468.jpg
 後ろに回り込んでみると、神社の丘が古墳らしい姿を見せる。


方木田稲荷の案内の由緒にも、ここが古墳であることが記されている。
方木田稲荷由緒
a0087378_534154.jpg
 当神社は鎮座地が古墳と推定されるので古代より当集落の産土神として明治以来は村社の社格をもち、旧方木田(現方木田・葉ノ木立・南町・清明町の一部)の鎮守の神として現在に至りました。
 この地に祀った時期は詳びらかではないが旧社殿に保管されてあった、棟札には「千時寛保2巳戌永年奉遷宮稲荷大明神宮殿1字秋10有9日祭事丹治因旛守平行厚」寛保2年(1742)に遷され祭主は現宮司丹治那三氏(16代)のご先祖(9代)です。
 御神輿は、宝暦12年9月(1762)米沢置賜郡大佛師岡野茂左衛門時房の作大正12年福島稲荷神社より譲り受け昭和55年修理例祭に渡御する。
 平成2年即位奉祝記念
 方木田稲荷神社氏子

 余計な話かもしれないが、この中で面白いと思うのが、神輿の話。多分、ここの神輿は、福島稲荷の神輿より由緒あるものでないのかなと思うのだ。
 恐らく、福島稲荷の神輿は大正12年製作であり、ここの神輿が宝暦12年である。
 例えば文化財的にどちらを保存したいかとなれば、譲られたほうのこちらの神輿になるのではないかなと勝手に思う。
 どうでもいいが、価値観ってそんなものだと最近になってそう思う。
by shingen1948 | 2009-07-02 05:01 | ◎ 埋蔵文化(古墳・それ以前) | Comments(0)