人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

北矢野目城③

 北矢野目城の内堀が推定されているあたりを歩くのは簡単だったが、外堀を推定されている西辺を歩くには、地元の方でないと難しそうだ。

 とりあえず、まだ水の入っていなかった水田からお邪魔する。
a0087378_563398.jpg
 遠望すると、畑の縁が外堀の西辺に見える。
 しかし、推定されているのは、その内側の人家の塀に沿って走る水路あたりだ。


a0087378_544284.jpg
 これを、外堀として想定されているらしい。


a0087378_59318.jpg
 北側は、現在の農面道路を越した道路辺りが外堀の範囲と想定しているようだ。農面道路が遺跡を分断したということのようだ。


a0087378_5121445.jpg
 東側は、愛宕社から南北に走る道を想定しているらしい。

 この愛宕様の道を挟んで南東辺りに道路元標があったという。
 この南側を走る道が、大正12年に開通した道でもあり、南側の外堀を想定する範囲でもあるようだ。もっと広く水雲神社の外側の耳取川あたりかもしれないようでもある。


 いずれにしても、かなり大きな範囲を想定していることが分かる。このことから、城跡の想定ということになっているということのようだ。
Commented by boozer at 2009-05-21 10:13 x
いつも興味深く拝見させて頂いています。

北矢野目城については、福島市教育委員会発行の『福島市文化財調査報告書』に、都市計画図を利用した「北矢野目城位置図」が掲載されています。
○『福島市文化財調査報告書』第36集 福島市の中世城館Ⅱ,福島市教育委員会,1995年,p.67-69
同書では、郭の一辺を約100mと推定しており、また、周辺の地割から複郭だった可能性も指摘されています。

1948年米軍撮影の航空写真も興味深い資料かと思われます。(コメントのURL欄にリンクを貼っておきます)

よろしければ、ご参考まで^^
Commented by shingen1948 at 2009-05-22 08:59
情報ありがとうございます。探して参考にさせていただきます。航空写真の情報も、いろいろな場面で役立ちそうですね。

現在参考にさせていただいてるのは、地割からの想定のようです。
ご覧になって、その情報と比べてどうですか。外れていることがありそうですか。
Commented by 「大」@安達太良山麓 at 2009-05-23 08:32 x
航空写真ありがとうございます。
なんとなくですが、写真中央左側に痕跡があるように感じます。
平城とは言え、防塁跡等にそって民家やいぐね(防風林)があるような感じがします。
by shingen1948 | 2009-05-21 05:17 | ◎ 地域散策と心の故郷 | Comments(3)