人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン

宇都宮城③

a0087378_5112674.jpg
 これは、本丸西側土塁の北の櫓の清明台で、本丸の中から撮影した。先に貼り付けた櫓は本丸西側土塁南端の富士見台だ。
 西の土塁の両端に形よく鎮座する。完全に破壊つくしたからこそイメージ通りの配置ができるということがある。


 仙台青葉城を散策した時点では、この櫓の復元が頓挫していた。それは、石垣に歴史的な積み重ねがあったからだ。
 元々櫓が設置されていたのは古い石垣の上だった。その後、石垣が崩れて改修したのだが、その時の改修は、ひとまわり外側に石垣を組んだようなのだ。その後の本丸内は、それに合わせた建物の配置に整備されたという経緯が調査で明らかになったようだ。
 格好良く石垣の上に櫓を設置することをイメージしていたらしいが、そうすれば、調査したことと違う配置になってしまうということになる。調査通りに設置すれば、内部の再現したいものの時間的経過とのかかわりで矛盾が生じたり、ひとまわり外側に石垣があって外から見えなくなるという状況になってしまっていたようだ。
 仙台青葉城がその後どうなったかは確認していない。しかし、城は変遷し、最初のイメージ通りに事が運ぶとは限らない状況があるのが普通に起こるということだ。
 宇都宮城はそういう経緯的なものがなかったか、あるいは分からないので、イメージ通りの整備に不都合はなかったようである。


a0087378_521425.jpg
 この橋の北側の堀は、案内図と調査図を比べてみると、やや西側が道路によって狭められてはいるものの、調査図に近い状況に復元されているらしいことが分かる。


a0087378_5223260.jpg
 この北側に二の丸、三の丸と続いていたことは、散策が済んで整理していく中で知ったことだ。


 土塁の城は、どこも同じような経緯を辿るのだろうか。
 福島城も、宇都宮城同様に新しい街並みをつくるために、土塁を崩して堀を埋めてしまった。福島の場合、調査によって明らかになった各スポットに、それと分かる案内板を建てようという努力のように思う。
 福島では、跡地がそのまま県庁になっているからだろうか、まるごと復元しようという動きはない。
 本丸は、知事公舎だ。復元は不可能に近い。
a0087378_11582292.jpg
 宇都宮城でも、本丸南側の土橋の石垣については、復元展示の脇に、この案内板設置の方策がとられていた。


a0087378_120050.jpg
 案内板には、発掘調査された土橋の掘調査時の遺構の様子を写真で示し、


a0087378_123259.jpg
 イメージしやすいように図で概況を示しながら説明されていた。


by shingen1948 | 2009-04-14 05:25 | ◎ 地域散策と心の故郷 | Comments(0)