地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

本宮映画

 廃館になった映画館で、2008年6月8日に上映会が開催されたというニュースを見た。
約45年ぶりとのことだった。
 昭和30年代の日本映画の予告編、本編中の歌唱シーンなどを集めたものだったという。
 その映画館を地元の方に聞き、訪ねたのは2月。
a0087378_3402684.jpg
 この映画館、大正時代に建てられ、内部もそのままで、年代物の貴重な映写機やフィルムも残っているということだ。
 外観も懐かしい雰囲気を残している。


a0087378_3435775.jpg
 地元の方に伺うと、本宮には、映画が全盛のころには二つの映画館があって、こちらは成人映画で頑張っていた方のようだ。



 本宮映画運動で有名な映画館だった方は、現況は病院の駐車場になってしまったようだ。こちらは、映画館での上映をあきらめた後、各学校・公民館などを巡って映画教室を開いていたという経緯の後、幕を閉じたと聞く。
  この運動は、「映画会社がいい映画を作らないなら、われわれの手で」と町の母親たちが自力で資金を集め、近代映画協会の協力を得て映画「こころの山脈」(66年公開)を自主製作した作品で、宇野重吉、山岡久乃らが出演を引き受けたとのこと。単なる映画教室を超えたこの運動は全国でも注目され、ブルーリボン賞に輝いたという。
Commented by 「大」@安達太良山麓 at 2009-03-23 06:20 x
もうひとつの映画館は中央館と言って、坂詰さんという方が経営されていました。
私が小さい頃は小学校の映画教室によく行きました。
怪獣映画とかも見に行ったのが懐かしいです。
あの頃は立ち見をするほど賑わっていましたヨ。
オヤジさんは他界されてますが、奥様は健在のようです。
場所は谷病院の東側で、点滅信号がある交差点脇にあるウナギの寝床のような駐車場です。
Commented by 追伸 at 2009-03-23 06:23 x
こころの山脈(やまなみ)は本宮小学校が舞台で私の3級上の人達が出演しています。
本宮方式と言って注目され、映画は全国の映画教室で上映されたと聞きます。
その後、平成に入ってから地元の有志達が同じように「コスモス」という映画を自主制作して話題になりました。
これは本宮高校が舞台になっています。
Commented by shingen1948 at 2009-03-24 04:42
映画をつくってしまおういう発想も感心しますが、実際につくってしまうという実行力は、驚きですよね。
シティーラジオ局も同じなんでしょうかね。
おもしろいエネルギーを感じますね。
Commented by 「大」@安達太良山麓 at 2009-03-24 15:35 x
FM Mot.com(モット・コム)は青年会議所のメンバーが立ち上げたと記憶しています。
たしか佐々木電気が主宰してると思います。
ここの青年達は、何でも一生懸命にやるので、お祭りなんかも盛大で、裸神輿、まゆみ神輿(女神輿)、太鼓台(山車)なんかも秋祭りでは盛大に練り歩きます。
Commented by shingen1948 at 2009-03-25 04:02
主体的に運営される祭りは、祭り自体にエネルギーが生まれて、素晴らしいでよね。
by shingen1948 | 2009-03-23 04:23 | ◎ 地域散策と心の故郷 | Comments(5)