地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン

歴史民俗資料館(本宮)

 本宮市の「歴史民俗資料館」に立ち寄った。
a0087378_4121567.jpg
 太郎丸観音堂付近にあったという会津道である二本松街道の追分け道標が、ここにある。
 先に確かめに来た時は、携帯しかなくてそれで撮影したが、デジカメで撮り直そうと思ったのだ。


a0087378_4125984.jpg
 「歴史民俗資料館」ということだが、この建物自体も遺産の一つらしい。
 案内パンフレットには、建物の概要について、次のように説明されている。
 ○ 本館は、大正13年に建築された建物で、鉄筋コンクリート一部煉瓦造りで、非木造建物としては最も古い洋風建物である。
 ○ 昭和54年に本宮町が買い取った。

 案内パンフレットにはないが、この建物は大正13年に本宮電気株式会社の社屋として建造されたものという。
 「本宮電気」は、次の経緯のように、本宮の近代化に大きく貢献したようだ。
 明治43年(1910)本宮電気株式会社に発電所設置の認可が下りる。
 明治44年(1911)大玉村玉井地区の百日川支流・枝沢川の上流に横堀平発電所が開業  大正13年(1924)杉田川上流に長久保発電所を設置。

 この本宮電気株式会社の社屋として建造されたものが、歴史民俗資料館の建物として転用しているということらしい。
 この後、本宮電気は、大正15年に福島電灯株式会社と合併し、この建物はその本宮営業所となる。昭和17年には東北配電(株)本宮営業所となり、昭和26年には東北電力(株)本宮営業所と変遷する。

 今でこそ、ありがたさを意識することなく電気を使用するが、この本宮電気の設立は、華やかな産業の誕生とかかわるらしい。
Commented by 「大」@安達太良山麓 at 2009-03-22 08:34 x
道標には江戸って書かれてますから年代物です。
もともとの街道は旧4号(旧国道)と線路側の道路との間を通る径で、郵便局西側の掘割がある狭い道です。
この道の先は安達太良神社の狛犬の前を通っています。
資料館の桜は建物と同じ樹齢と聞いた事があります。
本宮で一番先に花を咲かせる木です。
Commented by はなまる at 2009-03-22 17:38 x
関東は桜がぽつぽつと咲き始め、今月末は見頃となります。
また、おじゃまします。本宮は学生時代鈍行に乗って郡山に通っていた時に乗車客が多く、どんなところなのかなぁーと窓から駅改札方向を眺めていた記憶が甦ります。「じゃのはな、何とかがあったかなぁ?」。福島県を離れて30年近くになりますが、ここ10年くらいの
間両親の介護・看護で福島通いが続きました(遠距離介護)。この頃から地元の公民館・市立図書館・県立図書館・歴史資料館に足が向くようになりました。福島に居た時は存在も知りませんでしたが。今故郷の歴史や民俗に触れて充実した時を持っています。もっと地元に居た時に関心があったらよかったのにー、とも思うこの頃です。機会があったら、訪ねてみたい資料館ですね。
Commented by shingen1948 at 2009-03-23 04:27
 桜は、例年になく早い時期に咲きそうですね。
 本宮駅前の桜を指標にしていましたが、ここの桜も指標によさそうですね。

 この資料館の魅力は、天王壇古墳(県指定)の埴輪が、ゆっくり見れることですね。訪ねると、電気をつけていただけます。のんびりとしています。
Commented by はなまる at 2009-03-23 07:07 x
おはようございます。
資料館の埴輪面白そうな遺物が沢山ありますね、是非訪問したいですが、土日祝日は休館みたいですね。平日にゆっくりと観てみたいです。古文書もありますね、興味深いです。
Commented by shingen1948 at 2009-03-24 04:39
小さな資料館で、考古遺跡とその調査資料だと思います。
古文書はちょっと分かりませんでした。
散策には、近くに大玉村との境界線沿いに、現在も古墳が3つ、ちょっと北にもうひとつ健在で、一番西が、天王壇古墳です。
これと関連させてみると楽しいと思います。
専門的には、北の山に、ひょっとすると東北で一番古いかもしれないという謎を秘めた古墳があるようですが、散策にはちょっと遠いです。
Commented by はなまる at 2009-03-24 09:18 x
古墳情報ありがとうございます。
地元の古墳は吾妻地区に二子塚というところがあった・・・くらいの
認識でいました。主に関西の名の知れた古墳を歩きましたが、最近
福島の古墳に興味が出てきたところです。古墳好きの友人が「白河に変わった古墳がみつかったって?」と聞かれましたが、わかりません。勉強していきたいと思います。
Commented by shingen1948 at 2009-03-25 04:02
4月には、郡山の大安場古墳公園が開園するそうです。これも、郡山に前方後円墳があるはずがないと思われていたのを覆した古墳のようです。結果的には、古墳時代前期(4世紀後半)に造られた東北地方最大級の前方後方墳だったという経緯のようです。
中通りの古墳が、再評価されつつあるような感じがします。
Commented by はなまる at 2009-03-25 18:52 x
白河の古墳は全国5例目といわれる上円下方墳「野地久保古墳」だそうです。                            
友人は白石太一郎先生に心酔した古墳マニアで気候が良くなったら行きたいと言っています。私も連れて行かれそうです。中通りにもたくさんの古墳が列挙しているんですね。いろいろ情報ありがとうございました。
Commented by shingen1948 at 2009-03-26 04:36
近畿から関東地方にかけてしか発見されていない形式らしいですね。新聞で大きく報じられていました。
古墳の存在自体は平成16年に発見されていたようですので、これも掘ってみたらということだったのでしょうね。
マニアにとっては、夢とロマンですが、客観的にみれば、藪の丘でしかありませんので、散策人にどう伝えてくれるかということですよね。
先に紹介した3っつの古墳のうち、一番東側の庚申壇古墳は、調査中なのですが、資料館の方が、どこどこの古墳に似ているということを言っていました。まだ公にできないロマンのようなものを秘めているのだろうなと勝手に思っています。
by shingen1948 | 2009-03-22 05:17 | ◎ 地域散策と心の故郷 | Comments(9)