人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

備中足守藩分領瀬上陣屋跡

a0087378_6483082.jpg
 泉性院の北東側には備中足守藩分領瀬上陣屋跡がある。日枝神社の東側だ。
 この瀬上陣屋跡には、桃畑あたりを確かめていて、その北側のアパートから迷い込んでしまった。


案内板が建っている。

 備中足守藩分領瀬上陣屋跡
 備中足守藩は、豊臣秀吉の正室杉原寧子(おね、高台院)の実兄、木下家定を藩祖とする25000石の外様大名である。備中足守(岡山県岡山市足守町)周辺40ケ村を領地として支配していたが、寛政12年(1800)12月、幕府より信夫、伊達両郡内25ケ村に2万石余の村替を命ぜられ、その分領支配の陣屋をここ宮代村に設置した。
 代官は当初、二階堂弥五作らが郡奉行として派遣されたが、天保期からは塩見家が奉行として世襲し1万1千石余を支配した。このほか手附・手代ら役人が勤務したが、役人の手足となって働いたのが年番名主で、年貢収納、村方論争、廻米、助郷、用水等多方面にわたって代官と村方とのパイプ役を果たした。
 陣屋は大カヤを中心に東端は旧瀬上支所あたりまで敷地があり、北側には御馬屋もあった。西は泉性院堺で、西北端に奉行塩見家の屋敷があった。その東に桜樹があり、備中足守近くの最上稲荷大社からの稲荷社が勧請され、陣屋の鎮守として祀られた。
 以降70年間、この地を支配し、明治3年(1870)12月、分領は県に渡され解体した。陣屋の建物は県北各地の名家に分譲されたが、鎮守の最上稲荷は当斎藤家に譲与され、老桜樹のあるもとの位置にその瀟洒な佇まい残して鞘堂内に安置されている。
1997年10月
 撰文 福島県史学会常任幹事 半沢光夫
 陣屋碑建立会



a0087378_6503425.jpg
 大カヤは福島市指定の天然記念物で、根回り8.8m・目通り周4.63m・樹高21.2m・推定樹齢300から350年(昭和47年5月2日福島市教育委員会)とのことだ。


a0087378_655358.jpg
 案内板にいう最上稲荷大社はここだろうか。


  「日枝神社(宮代山王)」から宮代の散策を始めるが、宮代館の位置想定が二つあるように思う。
 「ふくしまの歴史」では、日枝神社の北側で、東北本線の東側とする。
 「山形・宮城・福島の城郭」では、宮代舘跡の西側に日枝神社(宮代山王)があるとする。それなら、館跡は、日枝神社の東側にあるということになる。マホロンのデータでは、泉性院の北側の桃畑を館跡とする。
 「山形・宮城・福島の城郭」やマホロンの想定なら、この西側の桃畑が宮代舘跡となるのだろうか。
 
Commented by 「大」@安達太良山麓 at 2009-03-15 14:32 x
福島の支配に関することは、二本松藩の旧:山入村で生まれた私には良くわかりません。
戊辰の激戦地なので、そのへんから後の世しか印象に無いのかもしれませんが・・・
Commented by shingen1948 at 2009-03-16 20:57
 堰の手入れは、受益者の共同作業で、恐らく開村から続いているのだと思います。その時点は、1600年後半から1700前半の間ではないでしょうか。
 堰を造るということは多くの資金と労力が必要なはずで、何らかの権力を持つ方が介在しているとみるのは自然ではないでしょうか。
 
by shingen1948 | 2009-03-15 07:01 | ◎ 地域散策と心の故郷 | Comments(2)