地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

福島城本丸を訪ねる

 福島城である県庁には何度も行っているのだが、城を探索したという実感はない。それは、城としての遺構がほとんど消失しているからだ。
 それだけでなく、本丸にたどりついたという実感が持てないことも大きいかもしれない。
 それで、まずこの本丸の実感を得ることだけをめざしてみる。

 最近、たまたま市民に配られた鈴木啓氏の「福島城の変遷と構造」を見つけたのだが、その中に、現在の地形に福島城の地形が論拠を持って重ね合わせた地図が掲載されていた。
a0087378_20562149.jpg
 先に小倉邸を訪ねた時に、撮影した案内板はこのた鈴木氏の「福島城の変遷と構造」を参考にしてあるとの説明がある。


a0087378_20574966.jpg
  これをもとにしてみると、紅葉山公園にある案内図と少し違う。


a0087378_2152026.jpg
  駐車場前の芝生の小さな広場に、本丸跡の表示があるが、これは紅葉山公園にある案内図によっている。鈴木氏の地形図では「殿中の二の丸」ということになる。殿中という意味では同じだが、鈴木氏のいう本丸は、案内図では、三の丸ということになっている。


a0087378_2192227.jpg
 鈴木氏のいう本丸は、東分庁舎の後ろあたりということになる。これは、国道4号線バイパスとの境のあたり。


a0087378_21134749.jpg
 知事公舎の塀の中の端から見える神社らしきものも、この本丸の中でよいのだろうか。
 鈴木氏は、このあたりが地形的に三角形になっているが、元々は、ここから大仏橋にかけて本丸の原型があったと推定している。それが、洪水によって阿武隈川が流れを変えて削り取ってしまったというのだ。
 阿武隈川は、元々は弁天山の山麓を流れていて、須川が元々の方形の本丸の南側を流れていたという。

 北側にコの字型の郭が二つあり、内側が東分庁舎の平和どうりに沿った門辺りで、外塁を平和通りを越した辺りと推定している。そして、その外塁の延長線に長楽寺の塀の部分につながり、長楽寺をその内側に囲むとみる。


a0087378_21174777.jpg
 もうひとつ、鈴木氏の「福島城の変遷と構造」を参考にしてあるとの説明をみつけた。


a0087378_21204281.jpg
 警察署の改築に当たって土塁にかかわる遺構が出土したとの案内板だ。遺構がこの地図と重なるということは、正しさの証明でもあるようにも思う。
[PR]
by shingen1948 | 2009-01-29 21:23 | ◎ 会津への路(伊達政宗) | Comments(0)