人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

笹谷大堰の旧取水口を求めて

 今度は、水路側から笹谷大堰の旧取水口が確認できないかを確かめてみることにする。
a0087378_1855394.jpg
 土手から旧道と思われる道へ進むと、水路が道を横切る地点がある。ここから水路をたどる。


a0087378_18555612.jpg
水路は続く。


a0087378_18561768.jpg


a0087378_18583458.jpg
 資材置き場あたりから右にカーブしているようだ。


a0087378_1922276.jpg
 その曲がり角が、排水口になっている。高低を気にしなければ、このまま繋がったあたりに旧取り水口があったとしてもおかしくはない。


a0087378_19328100.jpg
 このあたりは、何となく土地が凹んでいるような気がする。やや斜めに進めば、その延長線辺りも旧取水口でもおかしくはない。
 曖昧のままだが、この辺りが旧笹谷堰取水口であることが、自然ではある。


a0087378_1971291.jpg
 自然石を積み固めた水路は、果物畑の中を円筒分水まで続いている。


a0087378_198969.jpg
 そこまで進んでみることにする。


a0087378_1984612.jpg
 やがて、高台に円筒分水が見えてくる。
by shingen1948 | 2009-01-19 19:10 | ◎ 信夫の里(天地人の時) | Comments(0)