人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

栗本堰の円筒分水

a0087378_4545673.jpg
 これは、栗本堰の円筒分水だ。ここにたどり着いたのは、直接的に栗本堰を訪ねてきたのではない。
 実は、土湯散策にかかわって、笹谷は阿部薩摩が開いた等の情報を頂いていた。その中に、「薩摩掘り」というのがあった。
 ただ深く考えていたわけではなく、このあたりを散策するときに、なんとなく頭にあったという程度だった。
 しかし、最近、笹谷城を探していて、阿部薩摩の墓地に出会ったり、その近くに大正2年に建てられた水神にたどり着いたりしていた。このあたりの景色は、高速道路の工事にかかわって失われるとの思いで、デジカメにおさめておいたりしていた景色でもあった。
 その脇の用水路をたどって、奥松川の取水口を見つけ、それをたどり直して円筒分水たどり着いたということもあった。

 それが、最近、この水神あたりが、笹谷大堰、あるいは一の堰といわれていたらしいということが分かった。それで、ばらばらに頭の中にあったことがらを、「薩摩掘り」ということの関連を仮説としてくっつけて考えてみたくなったのだ。

 栗本堰だが、これは享和3年(1803)に栗本三左衛門が、時の桑折代官竹内平右衛門の許可を得て計画立案、開削した用水路だという。
 現在の形になったのは、昭和21年から25年にかけて、県営用水改良事業で三つの堰を合併し、更に新水路を整備してからのことらしい。それ以前は、松川左岸からは栗本堰、一の堰、笹谷大堰の三堰が水を引いていたとのことだ。これでは、取水地点の維持補修や干ばつ時の取水順序などの苦労が絶えなかったということで、改修したらしい。


a0087378_594562.jpg
 今の時期は、水門を開けて、その勢いはたいしたことはないが、初めてこの円筒分水装置を見たときには圧倒された。
 脇の穴から噴き出す水の迫力、中央からこんこんと湧き上がる水にエネルギーを感じ、感性的に引き付けられた。

 しかし、この工法は、そんな感性的なものではなく、理論的に裏打ちされた優れものとのことだ。
 この装置、大正末期から昭和初期にかけて日本で誕生したという。具体的には、定比分水工という工法の一つで、水を完全に公平に分配することができるということのようだ。
 1本の水路から単なる枝分かれで水を分配すると、流量の多いときと少ないときで分配する割合に差が出てしまう。これが、地域同士の激しい水争いになる大きな原因のひとつという。
 また、より上流で取水した方が多くの水を確保できるので、そのための争いも各地で起こっているともいう。
 流量にかかわらず、決められた割合で正確に分配この装置は、それらの問題を克服して、全国的な水争いを終息させたというしたという優れものとのことだ。
Commented by プーの方にもあるよおおう at 2009-01-08 18:22 x
ビックリだよおおう ぷー

http://blog.goo.ne.jp/chisato-pooh/s/%B1%DF%C5%FB%CA%AC%BF%E5

ねっ どこでもおう お百姓さんにとって お水は 死活問題だったんだねえぇ

またまた お勉強になったよおおう ぷー


Commented by shingen1948 at 2009-01-19 18:47
そちらにうかがったら、伊達政宗に興味のご様子。
 この辺は、伊達政宗の旧地です。
 上杉が120万石から30万石に減らされても上杉の領地のままだったという事情で、政宗はちょつかいかけてます。
 そんな中、大量に上杉の家臣が流れてきたようで、すべて生かされる鍵を握るのが「水」ということのようです。
 百姓だけでなく、城も町も水がなければどんな物語も展開しないということかもしれませんね。
by shingen1948 | 2009-01-08 05:10 | ◎ 信夫の里(天地人の時) | Comments(2)