人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

桑折「田植塚」

 この「田植塚」は、桑折町の法円寺にある。

 文学の世界にも疎いので、芭蕉の「奥の細道」は、それ自体が醸し出す力で古典として残っているのだと勝手に思っていた。広報担当者がいて、蕉風俳諧を広めようと働いていることや、その広報の方法として、「田植塚」なるものは、全国にあるのだということを初めて知った。

 芭蕉翁は、ここ桑折を1969年(元禄2年)5月3日(新暦の6月19日)馬に乗って通ったという。
 それから30年後、蕉風俳諧を広めようと芭蕉門の沢露川(さわろせん)が、ここ桑折で佐藤馬耳と出会ったとのことだ。ここで、二人は「俳句の会」を催し、馬耳はその時の俳句と一緒に芭蕉翁直筆の「風流の初やおくの田植うた」短冊を埋め、「芭蕉翁」と記した碑を建てたのが、「田植塚」ということのようだ。
 桑折町の田植え塚は東北最古とのこと。
 当時の桑折地方は東北の中でも俳諧が盛んだったという。著名な俳人が桑折を訪れては、馬耳を始め多くの俳人と交流していたということだが、芭蕉は、ここでは立ち止まらなかった。
芭蕉の田植塚
 俳聖芭蕉が奥の細道行脚の途次、須賀川の「等窮」宅で詠んだ、
 「風流のはじめやおくの田植唄」の句を、当地の俳人「馬耳」が享保4年(1719年)5月12日此処に埋め、塚を築き、「芭蕉翁」と刻んだ碑を建立し、芭蕉追慕景仰の供養と当時盛んであった信達地方の俳壇の隆盛を祈願したといわれています。このとき建碑記念句座を設け「田植塚」乾坤二冊を馬耳が撰集し開版しております。「諸国翁墳記」(宝暦11年(1761年)粟津義仲寺開版)によりますと、この塚は東北最古のもののようです。

 馬耳は、当地本陣の役人佐藤佐五左衛門宗明の俳号であり、奥州俳壇の実力第一人者である。(「西国曲」巻5「諸邦発句」に入集した奥州俳人のうち、桑折の俳人が最も多いことや当時一流俳人祇空等が馬耳の亭に宿泊したことからも考えられる。)
 馬耳の先輩で、天野桃隣と交りのあった東柳軒不碩の墓も当山に現存しています。
昭和63年4月 
桑折町教育委員会

 ※ 誤って写真を削除してしまった。後日、もう一度撮影してきたい。
by shingen1948 | 2008-12-22 05:26 | ◎ 芭蕉の足跡 | Comments(0)