地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

鳴俣堰②

 鳴俣堰をたどるのは、二本松畠山氏とかかわっての散策ということともかかわる。
 鳴俣堰は、本宮殿である鹿子田氏が行った事業だ。

 系図的なつながりについては先にふれたが、畠山氏の一大事件である義継が伊達輝宗を殺害する粟ノ巣事変の時に従っていた重臣の鹿子田和泉というのは、この系図の流れの継胤だろうと言われているらしい。また、二本松城をめぐる攻防では、舘の位置関係から、鹿子田氏は伊達成実と対峙したのではないかと想像される。

 鳴俣堰は、杉田川から百日川に分水し、その百日川の水を使って耕地を広げることを主目的にしている。
 しかし、実際に見てみると、それだけではなさそうだ。
a0087378_453670.jpg

 これは、大玉村の水路の地図だが、鳴俣堰の取り水口から直ぐに、たくさんの赤い線が走り始める。この赤い線は水路である。主水路は扇状地の一番高い所を走る水路である。豊かな水を扇状地の高台に運ぶように等高線に沿って水路を廻らされているのだ。
 主目的は分水だが、鳴俣堰が百日川に合わさるまでは、普通の堰の役割を果たしていく。


a0087378_491643.jpg
 取り水口から分水された鳴俣堰は、しばらくすると右側にカーブを切って、岳街道を横切る。


a0087378_4111021.jpg
 岳街道を横切って真っ直ぐ進むということは、扇状地を横断するということだ。これが主水路である。
この水路が高台を走り、この大地に豊かな水を補給しているのだ。


a0087378_4125728.jpg
 横切った鳴俣堰の下方には、その恩恵を受けた水田が広がる。看板のあたりが岳街道を横切った鳴俣堰だ。この地の水田開発は、鳴俣堰による恩恵だ。


a0087378_41442.jpg
 水田の中央部に水門があり、水門の開け閉めで、水量を調整しているのだろうか。


a0087378_4151152.jpg
 この水田を流れた後、主水路は地形とのかかわりもあって、皿久保神社の脇まで、扇状地に対して、縦に流れているようだ。


 通路を渡った辺りで、水路はもう一度扇状地に対して横に走りはじめる。この辺りの水田の開発の役割を担い始めるのだろう。

 鳴俣堰は、単に本宮の地を豊かにするだけでなく、皿久保の地も共に豊かにしていることが分かる。
by shingen1948 | 2008-09-30 04:34 | ◎ 水 | Comments(0)