人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

本宮城③余談~愛宕山

  戦国の頃、本宮城には、菅森山には菅森館、大黒山には鹿子田館があったことになるようだ。そして、ここを一つの山城とイメージした時には、愛宕山は、せいぜい物見の役割しか担わないと思うのだが、ここにも愛宕館があったらしいということになるようだ。

 愛宕山に登ってみる。
a0087378_3474368.jpg
 現在、愛宕山へは街道から急な石段を登る。


a0087378_348327.jpg
 途中、降り曲がる所があって、そこからも、また急な石段が続く。


a0087378_3504847.jpg
  途中に社があるが、これが何を意味するのかはよく分からない。


a0087378_3534334.jpg
 登り切ると、愛宕神社になる。


a0087378_3544462.jpg
 防災か、開発かの目的だろうか、この山を削ろうという動きに、保存を訴えたという記念碑がある。


a0087378_3584684.jpg
 裏側から、本宮小学校越しに菅森山を望む。


a0087378_41082.jpg
 愛宕古墳が、砂利採掘のため消えたときいたことがあるが、この裏山あたりなのだろうか。


a0087378_421974.jpg
 そのまま裏側に降りる道があるようだ。降りてみると、……。


a0087378_442231.jpg
 民家の脇に出た。
by shingen1948 | 2008-09-22 05:14 | ◎ 会津への路(伊達政宗) | Comments(0)