人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

向羽黒山城③

  今回は、急ぎ足でスポット的に確かめただけになってしまった。次の機会にはゆっくり散策したいと思っているが、とりあえず周りの様子を整理しておく。
a0087378_5413223.jpg
  これは、もう一つの連なる山の羽黒山への道だが、ここからあたりからゆっくりと散策すべきだった。


a0087378_543560.jpg
 この東側から景色を遠望できるようになっている。


a0087378_5445681.jpg
 羽黒山への道との間には、北側に降りる道もある。ここも、今回は確かめていない。


  この道路を挟んだ西側が三の丸だ。
a0087378_547728.jpg
 三の丸は、公園になっている。平場というにはちょっと高低差がある。






 その入口の案内板には、以下のように説明されている。


向羽黒山城三の丸跡

三の丸は永禄4年(1561)おもに馬の訓練場として造られたところで西北見張りもよく望楼や指揮陣屋など並設されていた。
盛氏の兵力養成の広場でもあって、着々完備に意を尽くしたが、天正3年(1575)7月 嫡男盛興の早逝に遇い再び黒川城(鶴ケ城)に移ることになり、その計画も中断せざるを得なかった。この地にたたずめば苔むした石垣が幽かに散見され、当時の駿馬のいなきが聞こえるようである。
「自然を大切にしよう」
会津美里町役場
会津美里町観光協会

  ここから、歩きで、二の丸や一の丸に抜ければよかった。本当は、ここがこの城への道としては大切なところだったろうと思う。
 ただ、この城は曲輪一つ一つが役割を担っていて、独立した雰囲気を醸し出しているのも事実で、統一的にはイメージできないのかもしれないとも思っている。


a0087378_551753.jpg
 岩崎山の東端にあたる所に、弁天神社がある。案内板には、次のよう説明がある。


岩崎山弁天神社
御水神社
古来相伝ふ向かって右の祠は、越の国(新潟方面)から阿賀川を遡って水郷会津に移住し南青木組花坂村から、宗像宮司が神護景雲元年(767)神託により此の地に遷し祀ったといふ。この宗像の神は、海津見系(あまつみ)の女神弁財天である。なお、ここから南旧本丸の中腹に奇岩怪石数ある中に大昔ここに天○が住み磨石に使ったという中空に聳えるゆる磨臼岩がある。また、左に万延元年(1860)9月岩崎山弁天宮・西隣の地に御水神社を遷し祀った。文久元年(1861)崎堰関係代表者多数が参集して、水神祭代式典が行われたと伝ふ。
平成13年10月
会津美里教育委員会
会津大川土地改良区



a0087378_554197.jpg
 少なくとも、実際の居城は二の丸らしいのに、今回は時間切れで、そこも確かめていない。

 入口の案内板は、この城を以下のように説明していたことを整理し、次の機会に楽しみを取っておく。


国指定史跡 向羽黒山史跡

戦国時代に伊達氏と並び称された芦名氏が築いた東北地方最大級の山城跡で、当時の政治・文化・社会を考える上でも貴重な遺跡です。
16代芦名盛氏は黒川城(現 若松城跡)を居城としながらも、本格的な山城として1561年(永禄4年)、ここ岩崎山(向羽黒山)に築城を始め、8年の歳月を費やして1568年(永禄11年)完成させました。
芦名氏滅亡後も伊達氏・蒲生氏・上杉氏の武将達の攻撃的城としての機能が続き、関ヶ原の合戦後1600年(慶長5年)廃城となりました。
城跡の遺構として曲輪・虎口・土塁・切堀・石垣等々、中世城郭を知る貴重な姿が極めて良好な状況で遺っています。
平成13年8月7日
 会津美里町教育委員会

Commented at 2008-07-28 14:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shingen1948 at 2008-07-30 04:07
久川城ですね。行ってみたいです。
ここは、城の整備自体は蒲生氏になってからのようですが、伊南駒寄城の河原田氏が、伊達政宗に抵抗するために築いた城のようです。中丸城の山之内氏と連携して抵抗し、秀吉の小田原征伐で抵抗が実を結んでいます。このプライドが引き継がれているのでしょうね。
更に、住民には、蒲生氏に従がったり、帰農して残った河原田氏の子孫が多くいるわけですから益々ですよね。
Commented at 2008-07-30 07:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shingen1948 at 2008-08-05 07:46
 育った所によって、人柄が影響されるという地域性がありますよね。特に、会津は濃い人間関係だと思います。若い頃は鬱陶しいとも思うでしょうが、大切にしてほしいですよね。
by shingen1948 | 2008-07-28 06:01 | ◎ 会津への路(伊達政宗) | Comments(4)