人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

百姓一揆をモデル化しておく

 半沢氏のフィールとードワーク地図によれば、疣石峠に向かった道は、思ったとおり川俣街道の古道であったようだ。そのまま南にたどれば、次の角に道標があり、左折すれば、義民小左衛門の墓があり、更に、日蓮本宗一円寺には義民忠次郎の墓があったらしい。
 新しく開通した114号線をたどれば、現在は高橋家になっている義民小左衛門の生家があるとのことだ。
 また、今回、疣石峠に向かう時に、市之丞の生家を右手にあったようだが、見逃してきている。案内の標識があるのかどうかは分からないが、確かめる価値はあったようだ。今度ゆっくり散策してみたい。
a0087378_348398.jpg
 疣石峠から続く道も川俣街道で、いこいの松を経由して、鳥谷野の渡しに至ることになるようである。

福島における百姓一揆一覧をもとに自分なりに概念を整理しておく。
 目的については、以下の5つの視点に整理できそうだ。
① 不正代官、名主、庄屋の告発
② 助郷人足軽減
③ 年貢減免
④ 食糧救済援助願い
⑤ 新田開発など施策批判
 方法は、大きくは以下の3つの視点に整理できそうだ。
 訴願、打ちこわし、集会。

 先に整理した福島の享保の一揆は、目的は年貢減免で、方法は訴願であつたということだ。その訴願の方法も、強訴、越訴、箱訴、直訴など全ての方法を使っているようで、かなり緻密な計画と実行であったように感じる。

 文化13年の一揆は、不正庄屋を告発する目的で、強訴による方法で訴えたということだろうか。今でいえば命をかけた内部告発といったところだろうか。
 これらは、一つの事件としては、上記のようにモデル化して整理できそうだが、現実には、前後にいくつものモデルパターンの事件が連なっているようで、それらが関係し合い、誘発しあって事件は発生しているようである。頭の中を整理するためにモデル化しているが、実際には、複合的であるようには思う。
by shingen1948 | 2008-07-17 04:34 | Comments(0)