人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

「忘れ去られる古墳群」①~「日向古墳群」

探しもののついでに立ち寄った放置された古墳群のうち、古墳に違いないと確認できたものを「忘れ去られる古墳群」として、整理しておく。
偶然それらしいものを見つけ立ち寄ってみると、案内板があって確認できたものもあるし、資料を確認していく中で、なんとなく行って見ようとしたりした古墳群もある。注目されていないことが共通項。

  「日向古墳群」は、「ふくしまの歴史」に「岡部の古墳」の一つとして、日向古墳の横穴式石室の写真と次のよう説明文で紹介されている。
 1947年(昭和49年)に福島市教育委員会により発掘調査が実施された。現在も古墳の横穴式石室を見ることができる。

  気になったのは、岡部の古墳群付近図の中で、小鳥の森に続く道沿いにプロットされていることだ。小鳥の森には何度か行っているが、気づかなかった。


a0087378_712292.jpg
  実際には、小鳥の森への道沿いではなく、この道と国道115号線バイパスの間に挟まれた小道沿いにあった。多分ここが古道だったろうと思われる道を辿っていくと、坂道を上りきったところの左手に大きな墓地が現れる。その中に紹介されている石室はあった。


a0087378_7141854.jpg
 これは、古墳から小鳥の森の山を眺めたところだ。
ここにたどり着くのには、このあたりをあちこち迷っている。この迷った事が、位置的な感覚を養っている。小鳥の森から坂を下って突き当たった所に神社があるが、ここが古墳だといっても不自然ではないところがある。その真上がこの古墳だった。


a0087378_7185772.jpg
 この墓地に着いてからも、別に案内板があるわけではないのでしばらく迷っていた。この石室の左手の山に登って探していた。ひょっとしてと思ったのは、トタン葺きの屋根が見えたことだった。そこをめざして登ってやっとたどり着いた。
Commented by at 2008-05-20 15:13 x
過日はご厄介おかけしましたm(__;)m
ところで1947年は昭和49年ではありませぬ!!
Commented by shingen1948 at 2008-05-21 04:41
確かにそうですね。
昭和49年は、1974年ですし、1947年は、昭和22年になりますね。気づかずにそのまま引用しました。
Commented by at 2008-05-23 07:48 x
重箱の隅を突付くようで恐縮ですが、何故か、、、^^;)目に付いてしまったので黙ってられなくて小さな親切大きなお世話で(?!)スミマセン、、、m(__)m
Commented by shingen1948 at 2008-05-24 04:59
いえいえ、ありがたいと思っています。見過ごしてきたことを、発見させられることは楽しいことです。
 ところで、先日の安達太良神社の件ですが、今の神社が戦国期の菅森舘跡とみる資料をみつけました。県高等学校社会科研究会の「福島の歴史散歩」です。鹿子田館跡は西側の台地としていました。
Commented by at 2008-05-24 19:00 x
以前、桜の古木を見に、里山倶楽部の人達と神社の裏山を歩いてみたことがありますが、そのときメンバーの一人の方が、ある一角にある桜の(染井吉野でない)古木を見つけて、「城の四隅の一つの目印の木だよ、これは、、。」と仰ってました。
「福島の歴史散歩」面白そうですね?ネットで手に入るみたいなので取り寄せて読んでみます。有難うございましたm(__)m
by shingen1948 | 2008-05-17 07:20 | ◎ 埋蔵文化(古墳・それ以前) | Comments(5)