人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

慈徳寺の桜②

慈徳寺の桜の様子を眺めると、満開のようだ。
a0087378_1931910.jpg

今朝も、立ち寄って種まき桜の様子を見てきた。


a0087378_1944869.jpg

 案内板を確かめた。


a0087378_19632.jpg
福島市指定 天然記念物
慈徳寺の種まき桜

 本樹は、シダレ桜(別名イト桜)と呼ばれ、エドヒガンからできた園芸品種で野生はありません。落葉高木で枝は横に開出し、小枝は垂直に下垂します。開花の時期も桜の仲間では1番早く、花の色には、白色のものと淡紅色のものとがありますが、本樹には淡紅色の花が開き大変艶美であります。


a0087378_1972799.jpg
また高台に生育しているため、ここから福島市街の眺めはもとより、平地からの種まき桜の展望はまことに美しく、古くから佐原地区の人々は、この桜の花が咲き始めると、苗代に種をまいたので、種まき桜と呼んで親しんできました。
太さは根回り2.7m・目通り2.5mあり、第一枝下が7mで、枝は東西へ6.8m-9.0m、南北へ7.2m-8.6m広がり、樹下の陰面積は20.0㎡あります。樹高は12.3mで樹齢は200-250年と推定されます。樹勢が旺盛で枝張りも充分であり、学術研究の資料及び福島市の自然を記念するにふさわしいものとして、天然記念物に指定しました。
長くこの樹の生育を保つために、次のことを守ってください。
                           記
一、 枝を折ったり幹を傷つけたりしないこと
二、 生育をさまたげるような変更をしないこと
  昭和45年10月3日
  福島市教育委員会

by shingen1948 | 2008-04-17 19:19 | ★ 季節便り | Comments(0)