地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

慈徳寺の種まき桜は、今が見頃

a0087378_451431.jpg
 慈徳寺の種まき桜は、今が見頃だ。昨日の朝はもう五分咲きといったところだったが、昨日も一日暖かかった。恐らく今朝はもっと開花が進み、見頃になっていると思われる。


a0087378_414776.jpg
 一昨日に、赤みが増しているなと思って立ち寄ったのだが、その時には、上の方が咲きはじめたところだった。それが今週の月曜日から急に暖かくなり、それに合わせるように一気に咲いた。


 この寺に向かう坂道には、福島市指定のエドヒガンザクラの保存樹もあり、この花もその周りにある梅の花と競うように咲いていた。
a0087378_4171016.jpg



 先に慈徳寺に立ち寄ったのは、「粟ノ須の変事」の続きとして辿ったものだ。この事変で討たれた伊達輝宗公を、ここで火葬にしたのだ。
 導師は米沢の資福寺住持虎哉宗乙禅師、奠茶仏事師を寿徳寺 の二世昌室恵慶繁大和尚が勤めたという。火葬跡が、首塚と呼ばれている二輪塔だ。

a0087378_4214145.jpg

ふれあい歴史館ブログでは、この寺にある福島市指定天然記念物である種まき桜を福島の花として詳しく紹介していた。そして、伊達輝宗公を、ここで火葬したことについては、「慈徳寺は伊達氏との縁もある歴史ある寺院です」と紹介していた。
by shingen1948 | 2008-04-17 04:34 | ★ 季節便り | Comments(0)