人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

教育基本法改定による効果

Excite エキサイト : 社会ニュース「愛国心教育を強調し修正 小中の学習指導要領告示」(共同通信)
 小中学校の新学習指導要領が28日告示されたことを共同通信が伝えている。
それによると、2月公表の改定案に、愛国心教育を強調して修正したという。このことについての問題点は、改定の内容とその手続きということだ。具体的には次の3点だろうか。
① 道徳教育の目標として「我が国と郷土を愛し」の文言を加え
② 小学校音楽で君が代を「歌えるよう指導する」と特記する
③ 中教審の公開審議を踏まえた改定案を公表した後に修正を加えた

 ①の修正は、教育基本法の改正と関わっていることであり、これは誰もがわかっていることだ。このことについては、先に学習指導要領告示の時に「道徳教育の充実について」で書いた。
 ②の修正は、卒業式に歌えなければ、告示という法律行為に対する違反となるという具体的な評価場面が可能になったということだろうか。
 ③についてだが、これは予測可能だったことであり、このことが教育基本法改定で行なおうとした大切なポイントだったと思う。
 教育基本法改定は、100年の計といわれた教育という分野に、政治的な介入か可能になったという画期的な出来事だったのだと思う。この法は、今までは理念としての法律だったために、三権分立の思想を守らなければならなかった。そこに、時の政権は介入できるようになったという改定だったということだ。ただ、大方の予想は、学校教育法の改正してから指導要領への介入が始まるということであった。その手続きより先に既成事実を積み上げてくという方向に修正されただけなのではないかと思われる。

 各メディアは、批判のポーズを取っているようだが、本当は教育基本法の改正の時に分かっていた事である。今後は学校教育法の改正が行われて、③は完結することになるだろうと思われることも。そのことについては、教育基本法の改正の時「政府権限が強まる教育基本法の改定」で書いた。



 愛国心教育を強調し修正 小中の学習指導要領告示共同通信(3月28日)

 小中学校の新学習指導要領が28日告示された。2月公表の改定案の総則に道徳教育の目標として「我が国と郷土を愛し」の文言を加え、小学校音楽で君が代を「歌えるよう指導する」と特記するなど愛国心教育をより強調する修正を加えた。文科省は「特に重要な修正部分はない」と説明したが、中教審の公開審議を踏まえた改定案を公表した後で愛国心教育に関する修正を加えた不透明な手続きは批判を呼びそうだ。
by shingen1948 | 2008-03-30 06:47 | ☆ 教育話題 | Comments(0)