地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

別視点から見た「吾妻山」

a0087378_3523493.jpg
 この地点から見える吾妻小富士は、普段抱いているイメージと別の角度だ。
 この地点から風景を撮っている方を何回か見かけたが、気にもとめないで通り過ぎていた。

 ある日、何気なく撮られている風景の方向を見た。一瞬、吾妻小富士が見えた。
 ここは、山蔭から吾妻小富士が姿を現す地点だったのだ。新発見をした気分だった。写真の好きな方が、夢中になる気分を少し味わえた。この日は曇で、いい写真機の持ち合わせも無いのに、いつかいい光の中でと思ってしまう。


a0087378_353834.jpg
 ついでに、土湯街道を会津方面へ向かう途中で、別角度の吾妻山を撮ってみる。


a0087378_3541714.jpg
普段何気なく観ている吾妻山のイメージということで、2006.11.9に吾妻山と安達太良山の冠雪ということで使用した吾妻山の景色も貼り付けておく。これは確か水保辺りから撮影した。

国体記念会館あたりから見る吾妻山もいい。ただ、写真に撮ると電線が入る。
by shingen1948 | 2008-03-12 04:11 | ★ 季節便り | Comments(0)