人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

田舎を世知辛い世の中に加速させる郵便局

 今年の年賀状は、配達不能で戻ってきたものが例年になく多かった。差出人は昨年とあまり変わっていない。住所が変わった者も少ない。したがって、原因は、こちら側の変化ではなく、配達人の変化によるものと思われる。
 戻ってきたものを見ると、確かにどこかに間違いがある。こちらのミスであることは明らかだった。
 しかし、番地の最後の数字がちょっと違うという程度である。恐らく一軒隣ぐらいの間違いだ。
昔なら、許容できた間違いで、今度新たな組織になったために許されない間違いという扱いに変更されたものと思った。
 そのことを家人に話すと、間違いだから仕方がないとにべもない。
 郵便局をよく利用する知人に聞いたら、人事が広域化されて、地元の人が配達しているわけではないからなのではないかとのことだ。都会では昔からぱさぱさと処理されていたのだろう。これは、地方ならではの変化であり、大部分の人は受け入れる変化のようだった。

 世知辛くなったなと思いつつ、諦めていたら、「福島民報」(2008.2.10)の日曜論壇に同じようなことで、不快に感じている人がいることが分かって嬉しかった。
 三春の作家玄有宗久氏が、「新しい郵便局にお願い」と日曜論壇に意見を載せていた。郵便局の窓口で振込みをしようとした時の話だ。
よく知っている職員に、自分を証明する免許証か保険証の提示を求められたというのだ。
 窓口にいる人を私は知っているし、あなたも私を知っている。
ところが、現在のシステムは、その人間関係を信用しない。信用するのは人間でなく、文字情報なのだ。職員の記憶や認知力どころかそこに生きていることすら無視するシステムといえる。
要するに、職員も客も信用しないのだ。

 私は諦めたが、氏は理由を問いただす。
すると、「俺俺詐欺、マネーロンダリング対策、テロ資金対策のための国際的な取り組み」とのことだ。ところが、氏が振り込む相手は禅文化研究所で、檀家に配ったカレンダーの代金送付で、どの理由にも該当しないのは明らかだとして迫る。
そして、何に怒っているのかを明確に説明している。
田舎に住む我々は、むろんそこが故郷であったりする事情はあるものの、顔見知りが多く、人間の距離も近い状況を肯定的に捉えつつ田舎に暮らしている。そのことの煩わしさはあるが、楽しみの方が勝っていると考えるのである。
 しかし、顔見知りであることが何のメリットも生み出さないばかりか、顔見知りに他人のように振る舞われる今のシステムは、人間関係を歪めるばかりか、田舎暮らしの根底を揺るがす罪深いやりかたではないか。
利用者も、職員も、まっとうな常識がある人々はみな困り果てている。

 恐らく、私の年賀状も、配達人は住所や氏名と照らし合わせれば、99%はこの住所の隣の人に届ければ間違いないことは分かったはずである。違う確立は、残り0.0いくつかの確立で存在したのだろう。
 間違いを犯すリスクが0でなく、しかも、間違いが相手側にある。この時の正しい対応の仕方が「配達不能」なのだろうと想像する。

 そう、私も言いたかったのは、「利用者も、職員も、まっとうな常識がある人々はみな困り果てている。」ということである。
 そして、それを諦めたのは、周りの人々が「仕方がない」というからだ。常識が変化していることの戸惑いと怒りだ。多分、年をとったのだと思われて終わりの話。

※ 「福島民報」日曜論壇「新しい郵便局にお願い」記事
by shingen1948 | 2008-02-24 04:20 | ☆ 地域・自治話題 | Comments(0)