地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

天王壇古墳の出土遺物の展示を見る。~本宮の「歴史民俗資料館」

 a0087378_329209.jpg
 本宮の歴史民俗資料館へ行ってみた。一階の展示室は、発掘調査で出土した資料を中心に展示していた。二階は、民具などの資料や、本宮の空爆に関わる展示がされていた。今回興味を持ってみたのは、一階の発掘出土品である。弥生土器や奈良時代の瓦、土器や須恵器など展示されている。


a0087378_333656.jpg
 なんといってもうれしいのは、一括して福島県重要文化財として指定を受けた天王壇古墳の出土遺物の展示がみれることだ。この遺跡については、先に訪ねて、「天王壇古墳」ということで書いている。

 円筒埴輪・朝顔形の円筒埴輪や鳥形・犬形・猪形などの動物などが、正面奥に展示されている。その左奥には、甲冑形埴輪が飾られている。どの埴輪も自分が思っていたよりも大型で迫力のあるものだと感心した。

 案内板に書かれていたことを思い出しながら、観賞させてもらう。
 円筒埴輪、朝顔形埴輪というのは、弥生時代に使われていた壷とそれをのせるための器台という土器のかたちが、かわったもの。
 壷などは死者にささげる食べ物をいれた入れ物だったらしい。
 円筒埴輪には、人が古墳の中に入れなくするための柵のかわりの役割もあったらしい。
 古墳時代でも新しくなるほど、家やいろいろな品物(しなもの)、人、動物の埴輪が数多くつくられるようになった。

 天王壇古墳時代は、埴輪の全盛期だったのだろうと思えてくる。

 他の出土品で興味を引かれたのには、関畑遺跡からの墨書土器だ。大玉の大畑遺跡から出土した墨書土器と比べながらみた。大畑遺跡については先に、「大畑遺跡跡を訪ねる」 で書いた。
 ここは、寺にかかわる出土品と寺に関わる墨書から、有力豪族と関わる寺の遺跡と推定されているらしい。

 入って直ぐの所には、二子塚から出土したという赤い甕が展示されていて、鈴木氏の寄贈となっている。この遺跡は、大玉村にある5世紀の前方後円墳だ。この遺跡についても、、「二子塚古墳に行ってみた」ということで書いたが、ここからは埴輪などの出土遺物がないということだった。
 大玉村のふるさとホールではなくて、ここ本宮にあるということもあって興味深くみさせて頂いた。

もう一つ、愛宕古墳については、「愛宕山古墳を眺める 」ということで書いたが、ここから出土したという五鈴鏡が、説明なしで展示されていた。
 周囲に鈴がついていることを想像しながらこの鈴鏡を眺める。日本独自に成立した鏡の形とされていることを思い出す。

 隅に各遺跡の報告書の販売についての案内があり、資料と展示物の関連がとれているようだ。
 平成の合併で、本宮町から本宮市になった。こういった小さな資料館を大切にする姿勢を、今後も継続されて運営されていくことを望む。 
by shingen1948 | 2008-02-05 04:00 | ◎ 埋蔵文化(古墳・それ以前) | Comments(0)