人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

安達太良山麓地区古墳の勢力をイメージする

まだ安達太良山麓地区埋蔵文化の訪ね歩きは途中だが、今まで訪ね歩いた古墳や古墳時代の集落について、「ふくしまの古墳」をもとにイメージしてみたい。散策を目的にするものとしては、できるだけ大胆で不確実さは気にしないということを大切にして楽しいイメージにするように心がける。
 まず、古墳時代前期の勢力についてだが、これは中通り全体のかかわりという広い視野に立たないとよく見えてこないということのようだ。「ふくしまの古墳」の筆者が思い描く中通りの古墳時代前期のイメージを、記述と勝手な想像を加えて思い描いてみる。

 古墳時代前期の大きな勢力は、大玉の傾城壇古墳を築いた勢力が有力だ。大玉村を中心とした地域では、古墳時代前期の古い段階から中期にかけての集落もある。傾城壇古墳を築いた勢力が、この地を基盤に4世紀から5世紀にかけて活動していた。
 その他の勢力は、須賀川市周辺に小規模な古墳をつくる勢力はあるものの、あまり大きな力を持っていないだろう。それは、現時点では、有力な古墳は確認できないことlを理由にする。
 それが、古墳時代の前期後半になると、東北地方最大の前方後円墳である郡山の大安場古墳が出現する。周辺の丘陵部の多くの集落確認からも、中通り最大勢力が郡山市街地東方にあったことは確実だろうと思っているようだ。
 この時期には、中通り地方にも小規模な古墳を築く社会が中通の広い範囲で形成され始めるのだろう。ただ、会津に比べれば、まだごく一部の地域で有力な勢力が姿を見せ始めたといったところだろうか。

 次に、5世紀後半頃の大玉村や本宮市などに広がる「安達太良山麓古墳群」の勢力についてだが、古墳時代前期以来の伝統的な勢力が発展したのではないと想像しているようだ。この勢力は、新興の勢力であって、前期の傾城壇古墳の勢力との連続性はないということのようだ。 つまり、新たな勢力が出現して、地域を支配していくようになったと考えるようだ。
 ただ、新しい勢力である二子塚古墳の勢力とは、連続性を否定していない。ということは、5世紀後半頃の大玉村や本宮市などに広がる「安達太良山麓古墳群」の勢力の中から、二子塚古墳の勢力が大きく育っていったと考えればいいのだろうか。
 この二子塚古墳の勢力の時代まで、安達太良山麓地区は、集落や豪族の居舘と見られる遺跡の数やその内容から、この時期の中心地域だったと考えてよいのだろう。
 この時代、新しい新興勢力ということだから、恐らくこの集落での生活は、伝統的な生活を変え、朝鮮半島由来の文物を受け入れ、最新の朝鮮半島様式の生活スタイルを受け入れたナウい文化的な生活スタイルだったのだろうか。

 更に、古墳時代後期の横穴式古墳群の時代は、一般的な薄い弔いになっていく経緯をたどっているのだろう。「安達太良山麓古墳群」独特の勢力イメージはなさそうだ。

 そして、切れているのか、どこかで重なっているのかはよく分からないが、先に「郡山台を訪ねて<白河の郡衙跡とかかわるニュースから>」で書いた郡山台の勢力へと移っていくというのが今の自分のイメージだが。
by shingen1948 | 2008-01-11 04:41 | ◎ 埋蔵文化(古墳・それ以前) | Comments(0)