人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

奥州街道:杉田宿木戸跡

 今年の地域の散策は、奥州街道「本宮宿」の次の宿場町である「杉田宿」周辺が少し見えてきたところまでで一区切りだ。この宿場町から二本松へ向かうイメージを確かなものにしたい。

 街道を通ると、この宿場の「北の木戸跡(桝形)」ではないかなと思えるところは直ぐに見つかる。福島方面から旧4号国道を通ると、杉田宿の近くで4号バイパスの下をくぐる。その4号バイパスを越して暫く進むと、一カ所道が細くなる所がある。
a0087378_442131.jpg
 そこには、注意を呼びかけるコーンが立っている。この辺りが、北の木戸跡(桝形)であろうことは直ぐに分かる。
 この辺りから、光恩寺に向かう道が走っていたようだ。この寺は、バイパス工事に伴って、今は「杉田城跡」に引っ越したが、当時は「杉田城跡」の山の手前にあったらしい。その「杉田城跡」の様子は、先に確かめた。


a0087378_443623.jpg
  このコーンが立っている手前の右手に、塀が回ったところが、これが元名主の家らしい。ここから北側の旧街道は国道の工事に伴い分断されてしまったとのことだ。道路はバイパスをくぐって進んでいくが、それは旧街道ではなく、旧道はまったくその面影を残さない。
 バイパスを渡って、西側に行ってから旧街道の面影が残るところが少しあるという。そちらを訪ねて、頭の中で2つのポイントのイメージをつないでみたい。
Commented at 2015-01-28 17:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shingen1948 at 2015-01-30 17:51
誇れることが形になっているのは、羨ましいですね。
Commented by shingen1948 at 2015-02-01 17:07
現杉田住民センターが旧杉田小学校なら、ここに「農集電話記念碑」と正岡子規句碑があるようですね。
子規の句碑は、昭和27年子規51回忌記念に建てられたとの事。子規が南杉田の遠藤菓翁宅に一泊したことの縁のようです。刻まれる句は「短夜の雲収らず安達太良ね 子規先生句」で、実際に読まれたのは浅香沼に向かう途中で、「安達太郎山高く聟えて 遙かに白雲の間に隠約たり。士俗之を呼んであだたらといふ」とした上で詠まれた句との情報があります。
Commented at 2015-02-02 07:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-02-03 13:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shingen1948 at 2015-02-03 15:09
散歩していて感じるのは、今の感覚では記念誌のような感覚で石碑って建てられるようだなという事。
実は、つれあいの親戚にも石屋さんがいて、あの鳥居は誰が造ったとかという話をしているのを聞きます。頼む人にも、頼まれる人にも、深い思い入れがあるようですね。
by shingen1948 | 2007-12-30 04:55 | ◎ 奥州街道 | Comments(6)