人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

東山温泉

a0087378_3501988.jpg 写真は、 東山東鳳の凰翔浴殿の方だが、大展望露天風呂「棚雲の湯」の方に入る。
  ここは、その名の通り、三段の浴槽になっている。一番上段の湯船はやや温めの湯である。次の段の湯はやや熱めである。そして、最下段の湯は、寝湯になるようになっていて温るめの湯になっている。
観光客を相手にする旅館なので、温泉プラスαが要求されるのだろう。それが、大展望であり、三層の湯の試みなのだろう。温泉自体を楽しむというよりは、そのプラスαを楽しむことになる。そのための規模が大きい。
上段から順に試していく。上段では街の夜景にひたりながら、中段では、やや暑めの湯の変化に、そして、下段では、満天の星を眺めながら入る。たったそれだけだが、実際に入ってみると、確かに寝湯のところまでたどり着く頃には癒された気分になっている。

 東山温泉の泉質について確認しておく。

源 泉 名: 東山パーク源泉
泉  温: 52.8℃
湧 出 量: 毎分70㍑
知覚的試験: 無色透明無臭無味
p H: 8.0
表示用泉質名: 硫酸塩泉(カルシウム・ナトリウムー硫酸塩・塩化物温泉)
一般的適応症:神経痛筋肉痛関節痛五十肩運動麻痺間接のこわばりうちみくじき慢性消化       器病痔疾冷え性病後回復期疲労回復健康増進
泉質別適応症: 動脈硬化きりきずやけど慢性皮膚病虚弱児童慢性婦人病
by shingen1948 | 2007-10-07 04:12 | ◎ 山歩きと温泉 | Comments(0)