人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

また「あったか湯」:高湯温泉に行った

伝統こけしとしての「土湯こけし」について、もう少し確認していきたいが、今週は、休日に他の温泉にも出かけたので、そのことも記録しておく。
a0087378_3454983.jpg
 18日(日曜日)には、また高湯温泉の共同浴場「あったか湯」に出かけた。
 着いたのは午後3時頃だったが、共同浴場の駐車場は満杯で、スキー場の所の駐車場にとめた。上から歩いて降りてくると、景色の見え方も違って、これも悪くないと思う。



a0087378_34914100.jpg
 足湯のある公園、温泉神社などが目に入る。

 この日に出かけたのは、家族の要望だった。汗で肌がただれて、それを治したいとのことだった。NHKの「普段着の温泉」の効能をみて、近くで効きそうなところを検索したら、土湯と高湯のイオウ成分がいいかもしれないと勝手に着目してみた。

高湯温泉は、イオウの成分濃度は、万座温泉、月岡温泉に次いで高く、海軍病院の神林博士によると、効能については、「高湯の湯は全国一の有効温泉」とのことだ。
a0087378_3475392.jpg
 浴場は、前回は、男湯が左側の「木の枠」の風呂場だったが、今回は、右側の「石の枠」の風呂場が男湯だ。日替わりで交換になるらしい。20人ぐらいの人が常にいるという混雑した状況だった。




a0087378_3524437.jpg
 「あったか湯」に、高湯温泉400年史を販売しているのは知っていたが、この時は購入しなかった。街に出て、駅前の本屋に立ち寄ったら、そこで立ち読みができた。内容をみてみたら、土湯温泉での探索と比べると面白そうだったので、その本屋で購入した。





昨年の「今日の記事」
「竜巻による特急事故と危機管理」

 このブログをはじめて一年になる。昨年の「今日の記事」を眺めてみる。
 日記の種類に、5年日記とか、10年日記などというものがある。何年か前のこの日に自分は何を考え、何をしていたかが分かるという仕掛けだが、その仕掛けを作ってみることにする。
 
  この日は、何か忙しいことがあったのか、記事を書いていない。前日に、二つの記事があがっている。
 「竜巻による特急事故と危機管理」と「食育について」だ。書いた時刻を確認すると、本日分は、「竜巻による特急事故と危機管理」ということになる。

 この頃は、NHK「知るを楽しむ」をよくみていた。その中の「失敗に学ぶ」を毎回感心してみていたのだが、その番組で言っていた通りのことが起きたのだった。

 対策は難しいだろうと思うような一瞬にして起きる事故の危機管理について目からうろこの対策に感動していたら、それにぴったりの事故だった。
 具体的には、視点を変えて線から面の管理に変えると危機管理ができるというものだった。

 自分の文章を読んで、あの頃の感覚が蘇る。

 新潟地震での「新幹線事故」は、失敗学からは成功例であること、岩手だったかで起きた吹雪で起きた事故の処理の素晴らしさについて学んでいた。ニュースの深読みの手がかりを得たことに喜んでいたあの感覚をかみ締めなおす。  
by shingen1948 | 2007-09-20 03:56 | ◎ 山歩きと温泉 | Comments(0)