地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

信夫橋②

a0087378_516269.jpg

信夫橋は、奥州街道の福島入り口にある江戸口にあることが一つの特徴だが、荒川の阿武隈川との合流地点近くという位置ということも意義もある。
この荒川は、その名のとおり暴れ川だ。
  昨年、荒川上流の探索で、現在も「荒川流域は日々の治水管理で守られている」ことにふれたが、ここ荒川と阿武隈川の合流地点でも同じことが言える。川が暴れると、今でもこの信夫橋の南側の土湯街道との交叉点は洪水になる可能性を秘めている。
甚兵衛火事について書いたとき、この地域は、本来はこの荒川の暴れ具合が、天災の最大級のものであったと書いたが、それはこのことである。

  この信夫橋は、流されるたびに橋を架け替える。橋の変遷も一つの歴史のようだ。
  福島の江戸口にあたる信夫橋は、もとは、須川(荒川)の浅瀬にかかるガンタラ橋か、須川の渡しであった。
  そこに橋が架けられて通行が便利になったのは、明治になってからのようで、そのことについては、橋の南側の東の土手にある案内板があり、2代目の「13眼鏡橋」の写真も掲げられている。
a0087378_5194061.jpg


  信夫橋といわれるのは、明治7年(1874)対岸までの木橋が架設されてからで、二代目信夫端は、明治18年から24年(1884~1890)までに架けられていた石造りで「13眼鏡橋」の名で親しまれていたという。それが、2年続きの洪水で崩壊してしまったという。其の後、木鉄混交今日や永久橋と何度か架け替えられて現在に至っているという。

a0087378_512513.jpg
半沢氏によると、御倉ビルに2代目信夫箸のアーチにはめ込まれた亀の彫刻石があり、鶴の石は所在不明とのメモがあったが、これは今回の探索では確認できなかった。福島城下町探訪に紹介のあった二代目信夫橋の親柱は、直ぐに分かる。現在の信夫橋の北側に建っているのを確認した。


a0087378_5135779.jpg




  半沢氏によると、現在の橋脚に明治30年竣工の橋脚が残るというメモがあって、確認した。多分この部分で間違いないと思う。

a0087378_515492.jpg 
岸の所に現在の構造とは関係のないものが残っているが、これも何代かの橋の構造物かもしれないと思う。

なお、半沢氏は、枡形跡を、現在地よりもっと川に入った位置で、稲荷は枡形の中央あたりになると推移しているようだ。

  ※ 奥州街道の福島宿の玄関口としての信夫橋については、「信夫橋」として、先日書いた。
  ※ 信夫橋の変遷の写真が、福島の歴史★ふれあい歴史館ブログに「懐かし画像vol.5画像」として紹介されていた。
by shingen1948 | 2007-09-06 05:28 | ◎ 奥州街道 | Comments(0)