地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

旧奥州街道:日本柳宿から八丁目宿まで

最近、日本柳宿から八丁目宿まで旧奥州街道を通してたどることができるようになった。
a0087378_20443619.jpg
この橋が、信夫の里と安達の里の境にある境川橋だと思う。ここから八丁目宿までは、三本の街道が通っている。
一つは、この旧奥州街道であり、もう一つは、明治13年開通の奥州街道である。更にもう一つが、旧4号国道である。
  4号国道バイパスも加えれば5つの街道が通っていることになる。この街道の見極めは、実地に通って確認するだけでは、なかなか判別できなかった。半沢光夫氏の「福島発・歴史地図」
で、確認したことと、実際の街道の確認を繰り返してどうにか見通せるようになった。
a0087378_20451538.jpg
  奥州八丁目天満宮近くで、旧奥州街道と奥州街道が合わさり、旧4号国道と平行して通るようになる。




a0087378_2048283.jpg


  その真っ直ぐに通る宿場の中央あたりに、西光寺があり、その傍らを流れる水原川に石作りの橋が架かっている。明治18年に架けられたメガネ橋である。
 
 もう一つ気になっていたのが、鉄道の松川駅は、この八丁目宿を遠巻きにしていることだった。これも、半沢光夫氏の福島発・歴史地図に、その理由が記述されているのを見て、合点がいった。
 「松川駅」
 明治20年八丁目宿の車夫ら運送業者や養蚕農家等と共に鉄道敷設に反対。宿場東方30丁の現在地に建設した。

by shingen1948 | 2007-07-13 20:49 | ◎ 奥州街道 | Comments(0)