人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

「トワダカワゲラ」

ブログ閲覧の集計表を見ていたら、水生生物の具体的な「カワゲラ」の名称で検索でおいでになった方がいるのが分かった。安達太良川の水生生物の観察のデータがきっかけであろうことは推察できたが、残念ながら安達太良川ではこの具体名の虫を見なかった。
a0087378_20215445.jpg
 心に残るカワゲラを見たのは、平成15年8月2日に、木幡川上流の水生生物を観察したときだ。そこは、木幡神社の下で、清水が湧き出る源流に近い地点であった。飲料水をひくためにパイプがはられていることからも分かるように、飲料水として取り入れて余った水があふれて川になっている清流だ。また、ここは林の中で、昼間でも薄暗いところで、空気もひんやりとしている。この地区では、ムササビを継続的に観察している方がいるという話も聞いた。豊かな自然である。
a0087378_20223082.jpg
 水生生物の様子は、次のようだった。
 多くのサワガニやカワゲラがいた。ウズムシ、ヒラタカゲロウ、ブユも観察された。川沿いにはミズナが群生していた。
 その中で、「トワダカワゲラ」をはじめてみたのだ。素人にとっては、地味な生き物で感慨はなかったのだが、専門家の方の話では、珍しいということだった。それに加え、その時、こんな話を聞いたので、なお印象深かった。
 水生生物の中のトワダカワゲラを中心に研究していた女子学生が、この生物がなかなか見つからないので、どんどん奥深い山に入っていってしまった話を聞きいた。そのぐらい夢中になれるものらしいという感慨から、なにか素晴らしいものを観ているような気分になったことを思い出した。
 この話に登場した女子大生が、自分の身近に地味に暮らすおばちゃんで、このおばちゃんも輝いて見えたことまで思い出した。

 この時のデータも記録しておく。

 観測時刻15:30 天候:晴れ ・ 川幅:1.5㍍ ・ 採取地:治家地内 ・ 
 水深:5~10㎝ ・ 水流:流量少なく測定不能
 川底の状態:岩盤/砂 ・ 濁りにおいなし・
 PH:7.0   COD:6  NO2:0.02
by shingen1948 | 2007-07-06 20:27 | ◎ 水 | Comments(0)