地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

批判される安倍環境構想でも国際社会では通じなさそう

Excite エキサイト : 経済ニュース:温暖化防止で主導的な役割を 06年度版エネルギー白書
  安倍環境構想について、2007.5.25「朝日新聞」が社説で論じた。
それによると、総論としては妥当だが、実現の戦略に矛盾があるとした。

米国と中国を参加させるために、「柔軟」とか「多様な」という「美しい」言葉で、誘い込むが、これでは「美しい星づくり」にならないと手厳しい。

  米国や中国を「削減仲間に引き入れる」ことを優先するため、各国の事情に配慮という助け船を出して、効果の高い仕組みになるのかを心配している。
  大切なのは、出発点で各国への義務を明示することだと訴える。

  二酸化炭素を出さない企業や国が得をする仕組みで有望なのは、排出量取引であり、そのためには、各企業に削減義務を課しておくことが大切だという。
  美しい星作りの一歩は、二酸化炭素を出さない国が得をする国際社会の設計図を示すことだと明快だ。

  要は、次に記す安倍構想の三原則のうち、二番目の項目が逃げであり、削減義務方式を13年以降も続けることの明記も避けていることが問題だとのことだ。

〈安倍構想の三原則〉
・ 二酸化炭素排出国トップの米国、二位の中国など主な排出国全て参加する。
・ 各国の事情に配慮した柔軟で多様な枠組みにする。
・ 省エネなどの技術を生かし、環境保全と経済発展を両立させる。

ところが、これだけザルと批判される案ですら、国際社会に受け入れられるのは容易ではなさそうだ。
  最近の関連するニュースで、アジア欧州会議(ASEM)外相会議は、2013年以降のポスト京都議定書の枠組みについての交渉を「09年までに完了すべきだ」とする議長声明を発表し閉幕したと伝えている。
 また、中国は、「国家発展は環境保護と同様に重要だ」と主張しているという。

温暖化防止で主導的な役割を 06年度版エネルギー白書 [ 05月25日 09時17分 ] 記事内容
  政府は25日、日本が省エネルギーや原子力の技術を通じ、地球温暖化防止で主導的な役割を果たすべきだと提言した2006年度版「エネルギーに関する年次報告」(エネルギー白書)を発表した。安倍首相が表明した50年までに世界の温室効果ガスの排出量を半減させる目標達成に向けた枠組みに米国や中国など主要排出国を巻き込む必要性も強調した。



<温暖化対策>各国足並みそろわず ASEM外相会議閉幕 [ 05月30日 01時16分 ] 記事内容
【ハンブルク小谷守彦】ドイツ北部ハンブルクで開かれたアジア欧州会議(ASEM)外相会議は29日、地球温暖化対策で2013年以降のポスト京都議定書の枠組みについての交渉を「09年までに完了すべきだ」とする議長声明を発表し、閉幕した。日本を含むアジア諸国の多くは交渉終了期限の設定に反対、温室効果ガス削減の数値目標の必要性でも意見の違いが残った。

 麻生太郎外相はポスト京都議定書の枠組みについて「米国、中国、インドを含む(温室効果ガスの)主要排出国の参加がはっきりしないまま交渉終了期限を設定するのは不適切だ」として09年までの交渉終了を求める欧州諸国の主張に異を唱えた。

 議長声明は北朝鮮に対して6カ国協議で合意された核廃棄に向けての初期段階措置の早期履行を要請、拉致問題については「国際社会の人道上の懸念に対処する重要性」を強調した。ミャンマー軍事政権によって自宅軟禁が再延長された民主化運動指導者アウンサンスーチー国民民主連盟(NLD)書記長の早期解放要求も盛り込まれた。

 ドイツは来月の主要国首脳会議(ハイリゲンダム・サミット)に向け、アジアとの対話で温室効果ガス削減機運に弾みをつけようとした。だが、中国の楊外相は28日、シュタインマイヤー独外相らとの会談後、記者会見で「国家発展は環境保護と同様に重要だ」と主張、欧州との立場の違いを強調した。
Commented by よしずみ at 2007-05-30 09:19 x
朝日のいつもの中国利益最優先の姿勢がよく表れていますな。
Commented by shingen1948 at 2007-06-01 05:05
誤解を招く記事の書き方でした。安倍環境構想の中国と米国の参加を最優先させる姿勢を朝日は批判していました。朝日の主張は、確実な仕組みを崩すなということで、これをどう捉えるかということでは意見が分かれそうだなと思いますね。
by shingen1948 | 2007-05-30 04:47 | ☆ 環境話題 | Comments(2)