地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

躍動のエネルギーを感じる季節

昨日の夕方降った大玉の雨のPHも5.0だった。今までよりも回復の兆しではあるが、まだ酸性雨の状態に変わりはない。

  自然や地域を見るとき、漠然とした抽象的な褒め言葉に注意してほしいという意味で、 「大体の人は、ここを自然豊かな村と抽象的に表現する。しかし、この村の「イグネ」という屋敷林は、杉林であって、花粉症の者にはつらいはず」と忠告してくれた人がいた。それにもかかわらず、ここでは、酸性雨があるはずはないと思い込む自分がいる。自戒を込めて確める。

a0087378_414111.jpg
ニホンタンポポも花の時期が終わり、子孫を増やすため、種を飛ばす時期を迎えた。

今年も、せめぎ合いにどうにか生き残ったタンポポの来年を期待する。





a0087378_423264.jpg

先週5月9日、抜け殻を残していっせいに羽化したトンボたちだが、遅れて羽化を待つものもいる。本日、気温が上がり、彼等を温かく送り出せることを願う。
by shingen1948 | 2007-05-16 04:24 | ★ 季節便り | Comments(0)