地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

飯坂古道探索道草「奥の細道」~五郎兵衛館跡から医王寺

 五郎兵衛館跡を河岸段丘に沿って歩くと、飯坂電車の線路を横切り、飯坂街道を横切り、幅2m弱程度の細い路地に出れる。その路地は、道標によって導かれる道路につながる。
a0087378_4512855.jpg
 道標で案内される医王寺の道は、飯坂電車の医王寺駅の直ぐ南の踏切からつながっている。河岸段丘に沿って歩ってきた場合は、五郎兵衛館跡を右手に見ながら進むと、自然に寺道と合わさっていく。この道は、先の飯坂古道を歩いてきた時に見つけた、草むらの中の石の道標によって導かれる寺への道である。


a0087378_453231.jpg
a0087378_454394.jpg









a0087378_4564665.jpg
庭坂からの街道を横切り、新道を横切り、道なりに進むと、お地蔵様に突き当たる。ここを右折すると、医王寺に辿り着く。この地蔵さまから医王寺までの道は、飯坂古道の西街道にあたる。
a0087378_458107.jpg
by shingen1948 | 2007-05-07 05:02 | ◎ 芭蕉の足跡 | Comments(0)