人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

ママチャリ賛歌 ~ 歩行者と共存するママチャリ通行帯を

 散歩の楽しさを知って6年になる。最近、その空間的広がりのバリエーションを加えようとして、ママチャリを使うことが多くなった。そうすると、自転車に乗る自己主張が、心の中に起きる。
 その視点で見ると、道や街が、別の見え方に変化する。
 福島市の駅前が、最近活気を帯びてきているように見えるのは、自転車効果と勝手に思う自分がいる。本当は、いろいろな施策のせいだとは思うが、自転車の締め出しをやめたことが一番大きいと思う勝手な自分がいる。

a0087378_6511724.jpg 最近気になり始めたのは、自転車の通行帯だ。
 元々、飯坂街道は、自転車通行を拒否してる道路だ。車道を走るには危険すぎるし、歩道は狭い。歩行者の時は、自転車が後ろから近づき、「チリンチリ」とやられて、腹が立つ。車に乗っている時は、車道のお年寄りの自転車を発見したら最悪で、それを追い越すには、相当の勇気が必要だ。その街道を最近ママチャリで通行するようになった。それでも、最近、歩行者と共存できそうな場所もできてきた。a0087378_656425.jpg
 散歩気分で、ママチャリに乗る自分は、当然歩道を通ると思っていた。ところが、自転車は車道の左側を走らなければならないことを知った。カルチャーショックに近いものを感じた。
 ルールは知ったが、自分の命を守るため、歩道を走るのを原則としている。車道を走る自信が無いための歩道走行だから、歩行者に気を使わせないように努力していたつもりである。それでも、先日、歩行者に「すみません。」と言わせて、よけさせる事が起きてしまった。いえいえ、あなたが優先ですと心でいいなからも、頭だけ下げてお言葉にあまえさせていただいてしまった。心苦しい限りである。a0087378_6541717.jpg
 13号国道は、おおらかな気分で歩道を自転車で通行できる。本当はルール違反なのかも知れないが、歩行者も、自転車も、障害者も安全に通すことを意図しているように思うのだ。まだ、ここを通行すべきルールは確認していないが、少なくとも、これだけのゆとりがあれば、心のルールが出来て、腹が立つこともひやひやすることもなくなるだろうと思うのは、あまいだろうか。

 最近、自転車との共存を考えた道路交通法の試案が検討されているという。今までなら見逃すだろうこんな話題にも目をとめる自分がいた。

自転車の通行帯についての法令確認
 道路交通法では、自転車は車両で、車道を通行しないといけないとのことだ。(道路交通法17条)
また、車両である自転車は、道路の中央から左の部分を通行しなければならないとのことだ>。(道路交通法17条4項)
 ただし、普通自転車(長さ190cm、幅60cm以下等)は道路標識等により通行することができることとされている歩道を通行することができるというこだそうだ。(道路交通法63条の4)

 法令上、自転車が歩道を通行できるのは「標識等で通行できるとされている歩道」とのことだ。それでも車道を走るのが怖い。歩道を走っているママチャリにお許しを。
by shingen1948 | 2007-03-24 07:12 | ◎ 地域散策と心の故郷 | Comments(0)