人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

冬の気候に戻っても、桜前線は気になる

<桜開花予想>静岡など最も早い記録も 東京は10日早くExcite エキサイト : 社会ニュース
a0087378_3203282.jpg
3月8日、朝6時30分、月齢18.5の月が吾妻山の方向に出ていた。吾妻小富士の雪ウサギは雪で消されてしまった。また冬に戻ってしまった。それでも、日中は予報に反し、暖かかった。
 この日は、旧暦の1月19日である。
 本日の「朝日新聞」は、「桜記録的な早咲き」との見出しで、ソメイヨシノの気象庁予想を伝えた
 それによると、静岡で13日、18日との予想。全国的にも平年より三日から一週間早く見頃をむかえそうだとのことだ。これは、記録的な暖冬のためとの見方のようだ。
 花芽が成長するのに一定期間の寒さ(休眠打破)も必要で、宮崎や鹿児島などでは平年より23日遅い開花予想になるとのこと。
気象庁ホームページ19年3月7日開花予想発表
 九州地方を見てみると、九州の中心部が先に開花し、周辺部に移っている。同様に、東海地域を中心に先に開花し、周辺部に移っている。昨年は、南から北上しているが、本年は、北から南下する地域のあることの予想ということだ。
 気象庁ホームページ18年3月15日発表開花予想。
 これによると、昨年は、福島は、4月10日ころかなと想像されたようだ。だから、満開が、17~20日。見頃は、20~27日当たりだったのだろうか。本年度予想の4月5日のラインを見ると、福島地域は、昨年度と同じような気がするが、専門的にはどうなのだろうか。 




<桜開花予想>静岡など最も早い記録も 東京は10日早く の記事内容
気象庁は7日、関東から九州にかけての桜(ソメイヨシノ)の開花予想を発表した。最も早い静岡市は13日で、予想通り開花すれば、17日の高松市や松山市とともに、それぞれの地点で1953年の統計開始以来、最も早い開花となる。東京都心も平年より10日早い18日で、予想通りなら02年(16日)に次ぐ2位タイ記録となるなど、ほぼ全国的に平年より早い開花が見込まれる。同庁によると、記録的な暖冬の影響で開花が促されているためという。

 予想を発表した全国56カ所のうち、42カ所で平年より3日以上早い開花を見込んだ。東京都心のほか、奈良市(22日)水戸市(23日)、長野市(4月5日)でも、予想通りなら統計開始以来2番目の早さとなる。このほか、名古屋市と福岡市が20日、大阪市が25日で、いずれも平年より5~8日早い予想だ。

 同庁によると、今冬は、太平洋中東部の海面水温が上昇するエルニーニョ現象や、北極圏からの寒気の南下が弱かった影響で、記録的な暖冬となった。昨年12月~今年2月の全国の平均気温は平年を1.52度上回り、統計史上1位タイの高さだった。このため、全国的に開花が促進されたとみられる。

 早い地点で開花が見込まれる来週は、寒気が南下する影響で全国的に気温が下がり、所によって雨や雪も予想される。今回の開花予想にも反映しているが、予想より気温が下がった場合などには、開花時期が遅れる可能性もある。東北地方は20日、北海道は4月11日に開花予想を発表するが、同様に早まる見通しという。【五味香織】

 ◇記録的暖かさで予想一変

 記録的な暖冬によって早まる開花――。今年の桜の開花予想は、一見簡単なように見えるが、実は難しい作業だった。

 気象庁によると、桜のつぼみは8月ごろに作られ、いったん休眠状態に入る。その後、翌年1月までの間の一定期間、5度前後の低温にさらされると、休眠から目覚める「休眠打破」という状態になり、開花に向けた成長が始まる。秋から冬にかけての寒さで休眠からの目覚めが進み、2月以降に気温が上がると、成長が加速する仕組みだ。

 同庁は、9月以降の気温を1時間ごとに記録。休眠打破の進み具合を加味し、独自の計算式で予想開花日を算出する。予想作業を始めた2月下旬の時点では、開花日はほぼ平年並みとの予想が出た。冬の寒さが足りず、「休眠から十分に目覚めていない」と判断されたためだ。

 しかし、その後も続く記録的な暖かさが予想を一変させた。休眠から十分に覚めていなくても、記録的な暖かさがそれを補い、開花へ向けた成長が早まると判断したという。

 一方で、東京・八丈島と宮崎市、鹿児島市は、平年より3~5日遅れる見込みとなった。いずれも冬の平均気温が10度前後で、宮崎、鹿児島両市は観測史上2位の暖かさだった。この3地点は、全国の他の地点よりさらに暖かく、休眠からの目覚めがあまりに不十分だったため、開花が遅れると推測されるという。

 地域によって異なる暖冬の影響。同庁情報管理室の上原浩之・応用気象情報係長は「なかなか計算結果が一定にならず、今年の予想は難しかった」と話している。【五味香織】

by shingen1948 | 2007-03-09 20:50 | ★ 季節便り | Comments(0)