人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

自分なりの考えを熟成したい

<訃報>池田晶子さん46歳=文筆家 [ 03月02日 19時00分 ] Excite エキサイト : 社会ニュース
 「千の風になって」以来、死との付き合い方が気になっていたところだったが、毎日新聞を開いて、写真入の訃報が目にとまった。池田晶子さんの死去を報じたものだった。2月23日に腎臓ガンで亡くなったとのことである。46歳の若さだったようだ。
 主な著書として、「14歳からの哲学」を掲げてあるが、私が、この著者のものを読んだのは、「41歳からの哲学」という本である。これは、「週刊新潮」2003.5.1から2004.6.3号までの「死に方上手」のタイトルで連載したものを集めたものだ。その後も、「人間自身」として続けられているということであった。訃報によると、「サンデー毎日」で「暮らしの哲学」を亡くなる直前まで活動していたとのことである。

 「41歳からの哲学」を手に入れたのは、哲学という本のタイトルが気になって、つい立ち読みしてそのまま購入してしまったものだ。面倒くさい哲学という言葉を臆面もなく前面に押し出したことが、私が手にすることになった理由ということだ。
 訃報に接し、改めて本棚から引っ張り出して、第五章「信じなくても救われる」を読み返した。
あの世とこの世については、分からないことが分かっていないというテーマでまとめてある。死んだらどうなるというテーマでは、墓・葬式・霊の弔いという観点で、考察している。宗教との接し方については、神道・宗教について考えている。
 改めて心に留めて自分の考えを熟成したい。
 ご冥福を祈ります。

 <訃報>池田晶子さん46歳=文筆家 の記事内容
 親しみやすい哲学エッセーで知られる文筆家の池田晶子(いけだ・あきこ、本名・伊藤晶子=いとう・あきこ)さんが2月23日に腎臓がんのため亡くなっていたことが2日分かった。46歳だった。葬儀は近親者のみで済ませた。自宅は非公表。喪主は夫實(みのる)さん。

 東京都生まれ。慶応大学文学部哲学科卒。難解な専門用語を使わず、日常の言葉で執筆した著作は幅広い層の人々に支持されている。主な著書に「14歳からの哲学」「14歳の君へ」「帰ってきたソクラテス」「知ることより考えること」などがある。「サンデー毎日」で「暮らしの哲学」を連載し、亡くなる直前まで活動は続いた。

Commented by e-wwill at 2007-03-03 23:30
はじめまして。私も哲学の一ファンであり、自分のブログに拙論を載せている人間として、池田晶子氏の死は本当に残念です。

もっと、長生きしてほしかったです。
Commented by shingen1948 at 2007-03-04 19:56
コメントありがとうございます。私は、ただ日々の当たり前としていることを問うてみると、新鮮な心がわきあがる楽しさを味わっているだけですが、氏からは、そのヒントをいただきました。残念という気持ちは、同感です。
今度、そちらのブログも拝見させていただきます。
by shingen1948 | 2007-03-03 19:57 | ☆ 死生観 | Comments(2)